夢を叶える 幸せを感じて過ごす 未来を変える方法 講座・イベント案内

〜Change my life〜人生を変えるために

投稿日:2017年10月20日 更新日:

「夢を100個書き出しましょう」

「魔法のドリル」(山崎拓巳著)を読んでやってみたのはもう7年前でした。

100個書き出すのはかなり大変だったですが
何とか書き出すことができました。
 
今まで何となくしか考えていなかった
「やりたいこと」「夢」
を意識し始めた瞬間でした。

 
その後
夢は写真にして貼った方が良いと聞き、
写真を部屋に貼るようになりました。

 
それから、いつの間にか
叶っている夢が沢山あることに気づき
リストや写真を更新し、また叶える。
そんなことを何度か繰り返しています。

例えば、富士山登頂。2011年の9月でした。

例えば、カンボジアのボランティアツアー

ついでにアンコールワットで初日の出を見ました♪

例えば、スカイダイビング。高所恐怖症ですが一度体験したかった。

例えば、海外でフルマラソン。バンクーバーで初マラソンにチャレンジしました。

例えば、トライアスロン。石垣島で初チャレンジしました。

例えば、気球。オーストラリアで初めて体験しました。

上げ始めるときりがないくらいですが・・・
こうやって、次々を「やりたいこと」を叶えています。

夢はまず、
明確に書き出す(アウトプット)することが大事。

でもそれだけでは、叶わないことも多い。

夢を叶えるには、今までの自分から少し脱皮する必要がある。

コツコツと積み重ねていくことで
叶っていくこともあるけれど
 
自分を変化させないと
いつまで経っても辿り着けない世界もある。

「自分を変える」というと
今の自分を捨てるように感じる人も
いるかもしれないけれど
どんなことがあっても
「自分らしさ」はなくならない。

だから、安心して「自分を変える」方向へ一歩踏み出して欲しいと思います。

そうすれば
毎日を過ごす幸せ感や充実感が格段に上がり
感じる感覚や見える景色が変わります。

そして、まわりの人からの見られ方も変わってきます。

・夢を書き出して、毎日それを見る
・自分を好きになる
・毎日の中で感謝を感じ、幸せを感じる

ここまでできれば、人生の感じ方は大きく変わります。

でも、本当の意味で大きく変わり
現実を引き寄せるには
自分の無意識の部分に気づく必要があります。

自分には分からない、盲点となっている無意識の部分。

これは人の力を借りるしかありません。
その手助けをするのがコーチの存在です。
 
今回開催する講座では
参加者同士でお互いの違いを知りながら
コーチ・講師の私があなたの無意識にしている行動パターンを発見し
人生を変えるために必要なことをお伝えしていきます。

実際に時間をかけて体験してきた私があなたの新しい扉を開きます。

この機会にぜひいらしてください♪

■「自分軸を身につけ、自分の人生を送る」講座
〜Change my life〜人生を変えるのに大切なこと

■日時:2017年10月22日(日)13:00〜17:00

【詳細とお申し込みはこちらから】

■料金:10,000円(事前申込みの場合8,000円)

-夢を叶える, 幸せを感じて過ごす, 未来を変える方法, 講座・イベント案内

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

付き合う仲間を選ぶ〜Choose your peers〜

「仲間を選べ、そして家族を愛せ」 (Choose your peers, love your family)   アンソニーロビンズのこの言葉を知ってから 僕は付き合う人を変えました。   付き合う人 …

決めるのが先〜Decision First〜

僕が、昔からの夢を叶えていったとき 気づいたことです。   「今の仕事が落ち着いたら・・・」 「体力がついたら・・・」 「経済的なゆとりができたら・・・」 ・・やる これでは、夢は叶いにくい。   「 …

近代的な路面電車

ゴールドコースト市街地は交通機関が便利で トラムと言われる路面電車は、特に近代的で素晴らしかったです。 日本で路面電車と言えば、地方都市の昭和の雰囲気ですが こんなに近代的なものもあるとは! 約7分お …

ワクワクする純粋な気持ち

「あなたはもうすでに成功しているんです」 「こうやって休日をゆっくり過ごせるだけの十分な収入があるじゃないですか」 「だから、純粋に心から楽しいことをやってみてください」 過去のキャリアばかり生かそう …

僕はこうして夢をかなえてきた

もう9年前ですが、僕が感銘を受けた本(DVD付き)をご紹介します。 47歳という若さでこの世を去った大学教授 ランディ・パウシュ   余命半年と知った時に 彼が家族や後世に残すために行った「最後の講義 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

最近のコメント