未来を変える方法 習慣化と継続力

やることだらけの毎日から抜け出す方法

投稿日:2017年8月1日 更新日:

毎日が忙しくて仕方ない。
「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」
朝起きてから夜寝るまでやることがいっぱいあって

それをこなしているうちに
だんだん心が疲れ果てて
自分が本当にやりたいと思っていたことが
どんどんやる気がなくなっていく・・・

「本当にこれは私はやりたいことなのだろうか?」
「もう何になりたいのか分からなくなってきた」
「とにかくこの日常から解放されたい」

忙しい毎日を義務感ばかりで生きてると
そんな風になることもあります。

そんな時はあえて自分の中で
「本当に大切なこと」を見つめ直す時期が来ているかもしれません。

二つの対立する願望が共存していないか?

あれもやりたい、これもやりたい。
たくさん願望があるのは良いことですが
時には矛盾したり、相対する願望が共存してしまうこともあります。

例えば
「友達と海に行くまでにダイエットしてスリムになりたい。でも毎日美味しいものは食べたい」

「仕事も休みも充実させたい。でもお体をいたわってゆっくりしたい」

「自由な時間を楽しんで好きなようにしたい。でも家族やパートナーと一緒に過ごす時間も欲しい」

そんな時は
「本当は今、一番欲しいものは何か?」
をあえて天秤にかけて考えてみる。

やせたいの?毎日おいしいものが食べたいの?

ゆっくりしたいの?がっつり働いて稼ぎたいの?

人と一緒にいたいの?一人の時間を楽しみたいの?

もちろん、どちらだけ一方を選ばなくても良い方法もあるかもしれない。
こういった相反する願望がたくさん出てしまうのは、人としては仕方がないことです。

は目の前の願望に引きづられやすい

人はどうしても目の前の願望に引きずられてしまう
そういった性質を持っています。

その一方で、今の願望を抑えてでも
その先の願望を叶えるために、我慢をしたり選択を変える
そういうことができるのは人間だけなのです。

動物は本能で生きているので
そこまで考えて行動することができません。

だからそういった相反する願望が出てきたときは
「本当はどうしたいの?」と自分に聞いてあげましょう。

わがままばかり言う小さな子供に
親がなだめて「どっちか選びなさい、決めなさい」
と言ってあげるつもりで。

「本当はどっちが欲しいの?」
「あなたにとって本当はどっちが大切なの?」
と問いかけてみてください。

どっちも欲しいとのは確かにそうかもしれませんが
両立できる方法をまず考えてみて
それでも難しいようであれば、どちらが本当に欲しいかを選ぶ。

そのステップを考えてみてください。

どっちも欲しいという願望から抜けられない場合

「どちらが嫌か」と考えてみるのもいいです。

●ダイエットをするために毎日食べる量やカロリーを制限して、運動して過ごす

●毎日好きなように食べて体重がさらに増えて、海に行く時にとても悲しい気持ちになる

あなたはどっちを選びますか?

もちろん、どちらかしか選べない訳ではありませんが

例えば、ダイエットであれば
毎日、食事中にもう少し食べたいと思った時に
この問いかけが自分でできるようになれば
いつもより食べる量が少し減らせるようになってきます。

お腹一杯なのにまだ何か食べたい願望が出てしまった時は
それが気のせいだったということに気づくために
5分〜10分待ってお腹が落ち着くのを待つことができるようになるのです。

食べるのと合わせて、その分運動すれば良いという考え方になって
運動を積極的にするようになることもあります。

長い目で見て行動を判断する

そうやって、ちょっとだけ長い目で見て本当に欲しいものを意識する。
そのために今の行動をどうしていくか。
そうやって自分に自分に質問していくそういう事はとても大切になります。

これができるようになってくると、あなたの未来は大きく変わってきます。

一日ではとても些細だと思えることであっても
その毎日の継続ができるようになれば
あなたの未来は今までと全然違う方向へ
そしてあなたが望んでいる方向へ少しずつ少しずつ
そしてどんどん加速していくように向かっていくことができるのです

だからと言って長続きしないのも意味がありませんので
我慢して我慢して苦しんで苦しんで
毎日を修行のように過ごす事は僕はお勧めはしません。

一週間単位で行動の優先順位をつける

だから今思っているやりたい事があったら
一週間単位でもいいから書き出してみて
その順番をきっちりと順位付けをしてみましょう。

どんなにやりたいことがあっても
体があまりにも疲れていてはどうしようもありません。
だから体の疲れがピークにきているるなと思った時は
「この一週間の優先順位は体を休めること」
そうすればいいのです。

そして一週間ゆっくり休んで体の調子が長く戻ってきたら
翌週からまた優先順位を変えて進んでいけばいいのです。

大切なのは長い目で見て、あなたがどこを目指しているのか
欲しいものは何なのか、を常に意識しておくこと。

そして一週間単位でその優先順位を変えていって
ひとつずつ前に進めていけばいいのです。

よくやりがちなのは、
「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」がたくさんたくさんありすぎて
毎日のようにそれを全てやろうとする。

でも頭の中がやることだらけになってしまって
頭がごちゃごちゃしてしまってやる前から疲れてしまう・・

真面目で責任感の強い人ほどそういった行動をとりがちです。

だからそんな時は一つ一つ順序だてて、きっちりと過ごしていきましょう。
「次に進むために休むことも大事」
「ここぞと言う時は頑張ることも大事」
「人との交流を楽しむことも大事」

そういったことをきっちりと、自分の心の声に従って過ごしていくことが
結果的には一番継続して続けて前に進める方法であります。

自分の心が本当は今何を望んでいるか

それを自分に問いかけていくこと

自分の素直な気持ちに従ってみること

それを心がけてみてください。

-未来を変える方法, 習慣化と継続力

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

近代的な路面電車

ゴールドコースト市街地は交通機関が便利で トラムと言われる路面電車は、特に近代的で素晴らしかったです。 日本で路面電車と言えば、地方都市の昭和の雰囲気ですが こんなに近代的なものもあるとは! 約7分お …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

福=Happiness 

人生初のホームステイ、 ゴールドコーストで迎える二日目の朝です。 ゴールドコーストは 朝型の生活が主流で ホストファーザーのJeffは 毎朝4時30分に起き6時から仕事 夕方4時過ぎには帰宅し 家族と …

動物好きにはたまらない場所

ゴールドコースト滞在4日目の午後は、 空港近くのワイルドライフ・サンクチュアリへ(^.^) (Currumbin Wildlife Sanctuary)   お約束の・・ コアラとの写真を撮ってもらっ …

一期一会 〜出会いが未来を変える

オーストラリアでの滞在6日目。   今日は、ブリスベンの近くの トゥーンバ(Toowoomba)に住む 友達の増田哲也さん(通称:マッサン)が   車でブリスベンまで来てくれて 一緒にマウント・クーサ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント