習慣化と継続力

習慣化するためのコツ

投稿日:

「よし!明日から始めるぞー!!」
と熱くなって・・・・迎えた翌日の朝。

昨日のやる気はどこへ行ったやら。。
また明日からやろうか・・

そんな気持ちになり結局、新しいことが始められずにいる。

そんな経験は誰もが、あるのではないでしょうか。

人は現状維持をしたがる生き物

人は今いる状態がとても安全で心地よい、と感じるようにできています。

「住めば都」と言うように、住み慣れた場所にずっと住んでいると
一番いいと感じ始めるのです。

毎日の生活もそうです。
夜はテレビを見たり楽しいことをして
なかなか寝付けなくて気がつけば夜中の2時・・

そして寝てしまったら、今度は朝起きるのがすごく億劫で
いつまでも寝ていたいと思ってしまう・・・

これも人のもつ、現状維持をしたがる本能が働いています。
起きているときはずっと起きていたい
寝ているときはずっと寝ていたい
そんな本能が働くのです。

だから何かをやろうと思って、なかなか始められない時は
最初のスタートを工夫する必要があります。

最初は小さな一歩から

最初から難しいことを長い時間やろうとすると
面倒な気持ちが大きくなってしまい
始めるのに、気が重たくなってしまいます。

だから、やりたいことにつながる
小さな一歩をまず始めるのがいいのです。

例えば、「明日から英語の勉強する」と決めたら
いきなり30分も1時間も勉強しようとしないで

「5分でいいから英語の本を読む」
このように必ずできるくらいの小さな行動から始めます。

運動を始めようと思ったら、
いきなり30分運動しようとするよりも
「5分でいいから外を散歩する」
「駅まで少し走りながら行ってみる」
これぐらい簡単なことから始めると続けやすくなります。

そのような習慣が身についてくると
5分でやめようと思っていたことが
「あと10分やってみよう」と気分が盛り上がってきて
結局は30分や1時間やってしまう。
そのようになっていきます。

だから、やりたいことの小さな一歩となる部分だけをまずやる。
それ以上はすぐには求めない。

そのようにやっていくと継続がしやすくなります。

最初はついつい大きな目標をもって
そのワクワクする気持ちに引っ張られて
やる気が一気に上がりますが

最初から飛ばすと後で続かなくなります。

最初は物足りない位、小さな小さな一歩から始める。

そうやってまず体を慣らしていくことが大切です。

-習慣化と継続力

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心のストレッチ

僕はスポーツで何度も肉離れなどの怪我をしてきました。 準備運動やストレッチの大切さを軽視してきたからです。    トライアスロンやマラソン、サッカーなどの スポーツマンの話を聴くと、 皆きっちりと勉強 …

寝る前にすると良い習慣

眠る前は、一日の良かったことを思い出して 心を穏やかにして寝ると良いです♪   できれば、未来の良いイメージをして 幸せな気持ちで眠る(*´∇`*)   瞑想したり、ストレッチをしたり 暗くしてリラッ …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

やることだらけの毎日から抜け出す方法

毎日が忙しくて仕方ない。 「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」 朝起きてから夜寝るまでやることがいっぱいあって それをこなしているうちに だんだん心が疲れ果てて 自分が本当にやりたいと思っていたこ …

ラン&食事会(新宿御苑)で楽しく走りました♪

【幸運を引き寄せる、楽しく続ける新習慣〜ラン&食事会〜】(新宿御苑編) 昨日7月29日に新宿御苑で開催しました! 今日は涼しく走りやすく、気持ち良く走れました♪ 「やってみたら意外と走れる!」 「これ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント