幸せを感じて過ごす

毎日をもっと幸せな気持ちで過ごす3つの方法

投稿日:2017年8月1日 更新日:

無意識とは何か

よく潜在意識とか、無意識を変えれば人生が変わると言いますが
 
無意識は何かをご存知でしょうか。

無意識は過去の経験や記憶から生まれてきているものです。

昔はうまくできなかったことが
毎日繰り返すうちに無意識にできるようになる

例えば、幼い頃を思い出すと
歩くとか、走るという今では普通にできること

それは最初はうまくできなかったはずです。
小さい頃はよくつまづいて怪我をした記憶もあるのではないでしょうか。

それも今では無意識にできるようになっている自分に気づくでしょう。

無意識とは、そんなに難しいものではありません。

意識を変えれば毎日の感情は劇的に変わる

人間は意識をすれば自ら変化を起こせる生き物です。

例えば
深呼吸をすれば、心が穏やかになり落ち着く。
それも意識をすればできることです。

遠くにある建物を見れば、そこにピントがあって見える。
見たいもの自分で選んで、そこに焦点を合わせることもできる。
これも一つの意識です。

周りから聞こえる音だって、一つの音に集中すれば
その音がよく聞こえるようになる。

自分の頭の中で考え事に集中していれば
周りの声が聞こえなくなることもある。

人はどこに焦点を当てるか、どこに意識を当てるか
それだけで、毎日の感じ方、過ごし方が大きく変わります。

幸せな気持ちを感じるために

「幸せな気持ち」は周りの環境や状況に合わせて感じるものだと思いがちですが、実はそうとも限りません。

自分が何に意識して一日を過ごすか。
起こった出来事に対して、どのような捉え方をするか
それによって、あなたの感じる気持ちが変わってきます。

それでは、どんな意識を持って過ごせば、毎日がもっと幸せを感じて過ごせるか三つの方法をお伝えします。

1.朝起きてから穏やかな時間を過ごす

朝は特に忙しく慌ただしく仕事や学校に
出かけるために忙しくなってしまいがちです。

でもその中で、5分でもいいから心を落ち着ける時間を持つ。
その事はとても大切になります。

座って瞑想するというのもすごくオススメですし
心を落ち着けて「今日もまた朝を迎えられたこと」
を感謝できればすごく良い気持ちになれます。

2.今日一日を幸せに過ごせる方法を考える

朝5分でも10分でもいいので、出かける前にもしくは出かけてる移動中に
「今日1日どんなことをやる予定なのか」
「何をしなければいけないのか」
そんなことを頭の整理をする中でさらに

「もっと一日を楽しく、幸せに過ごすためにどんな心がけで過ごせば良いだろう?」
「どんな予定を加えればいいだろう?」
そういったことを考えておくことがとても大切になります。

例えば、仕事が忙しい毎日を送っているとしても

●2時間に1回はゆっくりお茶を飲んで、ほっとする時間を取ろう

●5分でいいから周りの人とゆっくり会話を楽しむ時間を取ろう

●昼食は外食に行っておいしいものを食べてほっこりしよう

●帰りは自分の好きなお店に立ち寄って、これからやりたいことを想像する時間を持とう

●会った人にこちらから笑顔で挨拶をしよう

そうやって、ちょっと意識をして心がけるだけで
毎日にスパイスというか、味を加えて
一日をより良いものにする方法を先に考えておくのです。

3. 一日の終わりに良かったこと&感謝を思い浮かべる

一日が終わり睡眠に入る前に
「今日はどんな良いことがあっただろう」
「今日どんな感謝できることがあっただろう」
と自分に問いかけてみてください。

できれば、それを書き出したり、パソコンで打ち込んで、アウトプットをするのが一番いいです。

人は毎日忙しい中で次々と忘れていく生き物です。

昨日食べたものを何だったか、ぱっと思い出して
正確に言える人っていうのは、意外と少ないです。

それぐらい日常の出来事はすぐに忘れていってしまうものなのです。

毎日を普通に過ごしていると、問題や苦しいこと、心配なことにばかり意識がいき、良かったことはすぐ忘れてしまったりします。

だから一日を何気なく忙しく過ごしてしまった後は
今日一日がどんなに色々なことがあって、問題や辛いこともあったかもしれないけれど

「どんな良いことがあっただろうか」と思い出す
「日常のなかで感謝すること」を思い出す

そうすると自分の中で何とも言えない
心が満たされる気持ちが増えてきて
心が癒される気持ちになります。

その気持ちを感じたまま、ゆっくりと睡眠に入っていけば
睡眠自体も心地よいものになり疲れも取れやすくなります。

幸せは意識次第で増やすことができる


いかがでしたでしょうか。

「雨が降ったから今日は気分が乗らない」

「今日は嫌な出来事があったから機嫌が悪い」

人はついつい周りの出来事によって
幸せや不幸になると考えてしまいがちですが

自分がどのように意識をして
「起こった出来事をどのように捉えるか」によって
大きく自分の気持ちは変えることができるのです。

今回お伝えした方法を使って、ぜひ一日を意識的に
より良いものへと変えていってみてください。

小さな意識、少しの時間の小さな新しい行動が

一日の質を劇的に良くするのです。
それはスパイスを加えることで
料理の味がとても良いものに変化するように
ほんの数パーセントの工夫をするだけで

一日の全体がとても味の良い美味しい素晴らしいものに変わっていくのです。

ぜひ明日から、欲張らず少しずつでいいので取り入れてみて下さい。

-幸せを感じて過ごす

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

広大な海を感じる

ゴールドコーストでの滞在4日目。   プライベート英語レッスンでKay先生と ゴールドコースト・シーウェイへ (Gold Coast Seaway=航路)   海への入口の先端で 海の大きさを感じまし …

The way to happiness

Homestay for the first time in my life, It is the morning of the second day at the Gold Coast in Aus …

決めるのが先〜Decision First〜

僕が、昔からの夢を叶えていったとき 気づいたことです。   「今の仕事が落ち着いたら・・・」 「体力がついたら・・・」 「経済的なゆとりができたら・・・」 ・・やる これでは、夢は叶いにくい。   「 …

付き合う仲間を選ぶ〜Choose your peers〜

「仲間を選べ、そして家族を愛せ」 (Choose your peers, love your family)   アンソニーロビンズのこの言葉を知ってから 僕は付き合う人を変えました。   付き合う人 …

楽しむのが先〜Enjoy First〜

目標をたてて、タスクリストを作って 頑張って、頑張って、   睡眠を削り、自分の時間を削り それでも結果がでない・・ 現実が変わらない・・   その頃の僕は、大切なことに 気づいてませんでした。   …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント