幸せを感じて過ごす 習慣化と継続力

寝る前にすると良い習慣

投稿日:2017年7月25日 更新日:

眠る前は、一日の良かったことを思い出して
心を穏やかにして寝る
と良いです♪
 
できれば、未来の良いイメージをして
幸せな気持ちで眠る
(*´∇`*)
 
瞑想したり、ストレッチをしたり
暗くしてリラックする音楽を聴くのも良いです。
 
寝る前と起きてすぐ、いわゆる微睡みの時間は
潜在意識と繋がりやすいタイミング。
  
だから、この時間の過ごし方を変えれば
睡眠の質を上げて翌日も気持ち良く
過ごすことができます♪
  
もう少し詳しく解説しているページをご紹介します。
寝る前だけは幸せでいてください
  
心も体もゆるんで心地よい状態にしてみると
翌日、違いを実感できます♪
 
しっかり寝ても、朝起きて疲れを感じる方は
ぜひ、一度やってみてください♪

-幸せを感じて過ごす, 習慣化と継続力

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

限られた時間でやるからこそ価値がある

「長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない」(羽生善治:将棋棋士、十九世名人) 僕は中学生の頃から将棋が好きで、10代の頃に勉強して初段の実力までになりました。 今でも毎週日曜日の将棋対局番組 …

「常識」とは何か〜Everyone Knows?〜

僕が昨年、オーストラリアのゴールドコーストに訪れた時 電車やバスの中で、携帯電話で会話する人を何度も見かけました。 最初は、ちょっと違和感を感じたんですが 何の悪びれもせず会話する人を何度も見かけて …

The way to happiness

Homestay for the first time in my life, It is the morning of the second day at the Gold Coast in Aus …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

僕はこうして夢をかなえてきた

もう9年前ですが、僕が感銘を受けた本(DVD付き)をご紹介します。 47歳という若さでこの世を去った大学教授 ランディ・パウシュ   余命半年と知った時に 彼が家族や後世に残すために行った「最後の講義 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント