人見知りの克服 未来を変える方法 自分軸を磨くために

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

投稿日:

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」

 
これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。
 
コーチングの講座では、受講生同士、二人でペアになって
お互いに交互にコーチ・クライアントの役を実践します。
 
その時に、ついやってしまうのが、
「自分と似たようなタイプの人」
「同じような世界で生きていそうな人」
「雰囲気的に気が合いそうな人」

を選んでペアになることです。
 
でも、これでは日常生活から何も脱却できないし
学びが少なくなる。
 
だから、自分の枠を広げて頭を柔らかくするには
あえて自分とは違ったタイプを選ぶ。
あえて第一印象が嫌なタイプを選ぶ。
 
自分を変えたかった僕は、この指示に素直に従いました。
「この人めっちゃ怖そう・・・。。。」
「この人、普段何している人のだろう・・・???」
そんな人と話をしてみると
 
意外ととても柔らかい、人当たりのいい人だったり
最初は無愛想な感じでも、話しているうちに打ち解けたり
  
意外な発見がたくさんありました。
  
「自分の生きてきた世界は、狭い世界だったんだな〜」
「こんな仕事で生活している人もいるんだ・・」
  
もし、今、自分の固定観念で毎日の生活にマンネリを感じているときは
「あなたと全く違うタイプの人とあえて話してみる」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話してみる」

 
ちょっとだけ勇気を出して、やってみると思わぬ発見があります♪
 
 
(写真は3年前にカンボジアで現地のお宅訪問をした時のもの)

-人見知りの克服, 未来を変える方法, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ありがとう日記をつける

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」 (オプラ・ウィンフリー)   僕は8 …

自分軸を身につける講座第4回 セルフイメージの書換え

今日は「自分軸を身につけ、自分の人生を送る講座〜セルフイメージ・習慣の書換え」を開催いたしました!(^^) 各自が抱えている「自分」へのネガティブなイメージに対して 捉われから抜け出し、新しい自分の魅 …

自分の選択を生かす

「いろいろ考えられる選択肢の中から『この一手』を選ぶのは自分しかいないわけです」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人) 僕は中学生の頃から将棋が好きで、10代の頃に勉強して初段の実力までになりました。 …

心に響く音楽の力

何かをやろうと思っても、なかなかやる気がおきない。 始めてもなかなか集中力が続かない、気分が上がらない・・・   そんな時は、音楽をうまく取り入れて、モチベーション管理を行う方法があります。   例え …

本気で遊ぶ

「年をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから年をとるのだ」 (バーナード・ショー:アイルランドの劇作家) 僕は過去10年で1,500人以上の方とお会いしてきました。 様々な職業や生き方をさ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント