人見知りの克服 未来を変える方法 自分軸を磨くために

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

投稿日:

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」

 
これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。
 
コーチングの講座では、受講生同士、二人でペアになって
お互いに交互にコーチ・クライアントの役を実践します。
 
その時に、ついやってしまうのが、
「自分と似たようなタイプの人」
「同じような世界で生きていそうな人」
「雰囲気的に気が合いそうな人」

を選んでペアになることです。
 
でも、これでは日常生活から何も脱却できないし
学びが少なくなる。
 
だから、自分の枠を広げて頭を柔らかくするには
あえて自分とは違ったタイプを選ぶ。
あえて第一印象が嫌なタイプを選ぶ。
 
自分を変えたかった僕は、この指示に素直に従いました。
「この人めっちゃ怖そう・・・。。。」
「この人、普段何している人のだろう・・・???」
そんな人と話をしてみると
 
意外ととても柔らかい、人当たりのいい人だったり
最初は無愛想な感じでも、話しているうちに打ち解けたり
  
意外な発見がたくさんありました。
  
「自分の生きてきた世界は、狭い世界だったんだな〜」
「こんな仕事で生活している人もいるんだ・・」
  
もし、今、自分の固定観念で毎日の生活にマンネリを感じているときは
「あなたと全く違うタイプの人とあえて話してみる」
「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話してみる」

 
ちょっとだけ勇気を出して、やってみると思わぬ発見があります♪
 
 
(写真は3年前にカンボジアで現地のお宅訪問をした時のもの)

-人見知りの克服, 未来を変える方法, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

ありがとう日記をつける

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」 (オプラ・ウィンフリー)   僕は8 …

20秒の勇気

何かを始めたり、新しい場所に足を踏み入れたり、ピンときたことを人に伝えたりする時、   失敗したらどうしよう… 場違いな所だったらどうしよう… とんだ勘違いだったらどうしよう…   そんな心配ばっかり …

人生を変えるために大切なこと

「一歩踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 (トッド・スキナー:フリークライマー) 今日は3月5日に第1回を開催した講座に ご参加頂いた方とのシェア会でした。 シェア会のコンセプトは 「非日常の空間 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント