自分軸を磨くために

才能を開花させるために

投稿日:

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」
(松岡修造:プロテニス選手)

僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした話が
心に響きました。

「自動販売機は140円を入れたら飲料が出てくるでしょ。それと一緒。みんな、まだ120円しか入れていないのに『出てこない』って言うのよ。」
 
「あと20円入れたら出てくるのに、その前にあきらめちゃう」
 
そういうことなんだ!と、とても納得しました。
 
もちろん、物事を成し遂げるには、
継続だけでなく改善していく姿勢も大切です。
 
でもある程度の期間を続けて
回数を重ねることも必要。
 
少しだけやってみて、
「やっぱり私は才能がない」と思うのは、
「成功したくない」と言っているようなもの。

 
何かをやってみて「うまくいかない」
と感じても改善しながら、やり続けていく。
 
あなたが、うまくいかなくて
あきらめそうなことがあれば、
もう一度形を変えてやってみると
良いかもしれません。
 

(写真は、僕が30代後半から始めたフットサルの様子。最初の数カ月は何度も肉離れをしましたが、あきらめずに続けたら、大丈夫になりました♪)
 
 
 
************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】講座
第二回~感情・無意識編~ 4月16日(日)13:00ー17:00 
https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl 
0期生の今だけ特別価格にてご案内中!
毎回独立した完結型ですので、この機会にぜひお申し込みください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生を楽しむ心

「何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです」 (オードリー・ヘップバーン) もう何年も前、あるミリオネアの方と話をしたことがあります。 「自分はこれから何をしたいのか、分から …

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …

「常識」とは何か〜Everyone Knows?〜

僕が昨年、オーストラリアのゴールドコーストに訪れた時 電車やバスの中で、携帯電話で会話する人を何度も見かけました。 最初は、ちょっと違和感を感じたんですが 何の悪びれもせず会話する人を何度も見かけて …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント