自分軸を磨くために

身体で感じる喜び

投稿日:

It’s never too late to be who you might have been.
「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット)

僕は30代の頃、よく旅をしました。
国内ばかりですが、とにかく日本中の名所を見てみたかった。
自分の目でみて、身体で感じてみたかった。

車で広島まで行ったことこともあったし、仙台に行ったことも。
目的はあの「日本三景」
もののけ姫で有名になった屋久島にも行きました。

往復約10時間、ひたすら歩いて縄文杉を見てきました。
景色を見ることも素晴らしいですが、
旅先で感じる「空気感」がとても好きです。

屋久島はコンビニもなく、モスバーガーができたときは
皆がお土産に買って回ったそうです。(現地の方に聞きました)

「着いたらコンビニのATMでお金を下ろそう」
と思っていた僕は、友達に笑われ、結局お金を借りることに。。

でもそんな、何にも無い島だからこそ
穏やかな、自然と一体になれる空気が感じられました。

時間がスローモーションになったかのような感覚でした。
夜の暗さを知り、朝日の気持ちよさを知る。

やはり、その場で感じるのが一番だなって思います。

最近は海外が多いですが、一生旅は続けていきます☆

自分の目で見て、身体で感じるのが生きている意味とすら感じます。
やりたいと思っていることがあるなら、遅いことはない

諦めてしまった昔の夢に今からでも向かっていきませんか?

(写真は屋久島に行ったときのもの。穏やかな空気が気持ちよかったです☆)

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】
第二回 ~感情・無意識編~
4月16日(日)13:00ー17:00

https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl

毎回独立した完結型の講座ですので、ぜひ一度ご参加ください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今を生きる

『未来とは、今である』 (マーガレット・ミード) 「今を生きる」という名作映画がありました。 僕が大好きな俳優、 ロビン・ウィリアムズの名演が光る映画でした。 そこでの名言を少しご紹介します。 「今日 …

発展途上国に行って知る

If you can dream it, you can do it. 「夢見ることができれば、それは実現できる」 (ウォルト・ディズニー) 僕はあまりテレビ番組を見ない分 映画が好きで、その世界に憧 …

ニュートラル

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・ そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。 そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。   そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ …

アウトプットとは

「文章を書くことは、『考えること』です。文章を書くことによって、何が必要で、どうすればよいのか、アイデアが生まれてきます」(佐藤富雄:作家)   「アウトプット」の大切さは最近よく聴くかと思います。 …

信頼できる人

今日は午後から二人の方とお会いして、色々と相談にのっていただきました。   目から鱗の話ばかりで大変勉強になりました。貴重なお時間を頂き、ありがとうございました☆   今日、僕が感じたのは 「時代の変 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント