自分軸を磨くために

自分の欠点を受け入れる

投稿日:2017年3月13日 更新日:

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」
(オードリー・ヘップバーン)

 

「ローマの休日」で知られる英国の名女優
オードリー・ヘップバーンは、
アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞のすべてを受賞するなど、その功績も素晴らしいものです。
彼女は気品ある振る舞いで、いつも綺麗であり続ける姿が多くの男女を魅了しました。
彼女が残した「名言」は今も多くの人に影響を与え続けています。
https://matome.naver.jp/odai/2141355106309222101

僕が個人セッションや講座をしてよく感じるのは
「皆、自分の足りないところに悩んでいる」ことです。

ある人は自分の「思ったことをすぐ口に出す」ことに軽率さを感じて反省し、
ある人は「考えすぎて何も口に出来ない」ことに、悩んでいる。
どちらも、自分と違うタイプの人をうらやましく思っていることがよくあります。
 
これは、どちらも「個性」であって、良い悪いではない。
「直感に従う素早さ」が生きる場面もあるし、
「考えてから発言する慎重さ」が生きる場面だってある。
 
大切なのは、自分の「特性」を知りながら
「自分の得たいもの」に向かうには、どうすればいいか?
を問い続けていくこと。
 
「人は皆、無いものねだり」そのことを理解して
「本当に得たいもの」に向かっていきましょう♪
 
コーチやカウンセラーの存在は
自分の特性をを見つけ、新しい一歩を踏み出す
そういう手助けになります。

もうひとりで抱え込むのはやめませんか。

自分の人生を生きるために
一歩前に踏み出してみませんか?
(写真はイタリア、ローマの風景)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

まわりにリクエストしてみる

相手が私の気持ちをわかってくれない… 私がして欲しいことをなかなか気づいてくれない… そんな風に思うこともあるかと思います。    でもそうやって、察して欲しいと待っていても、なかなか物事は進まない。 …

セカンド・オピニオン

これはちょうど1年前、僕がトライアスロンにチャレンジした時の話です。   1月にやると決めて申し込んだ石垣島大会の期日は4月10日。ちょうど3ヶ月後でした。   水泳、自転車、ランの3種をこなすトライ …

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント