自分軸を磨くために

要するに・・・

投稿日:2017年5月5日 更新日:

営業企画、マーケティング職で10年以上仕事をしていた僕は、以前ある一般消費財の商品化に携わっていたことがあります。
  
新商品を開発するのはとても労力、時間のかかる仕事です。
その基本的な方法としてブレインストーミング(ブレスト)という方法があります
  
グループで集まって、アイデアをとにかく出しまくる。
 
「それはどうかなぁ」
「そんなの無理だよ」
とかそんなことを考えずに、
  
とにかくグループでお思いついたことを、どんどん言い合ってそれを付箋(ポストイット)に貼っていく。
 
それで出して出して出し尽くした後に、
そのアイデアを少しずつグループにまとめていきます。
 
そのいくつか、まとまったアイディアのグループから実際に詳細の商品化を考えていく訳です。
 
これを「アイデアの拡散と収束」といいます。
 
基礎的なのでご存知の方も多いかと思います。
 
  
これは普段、自分自身の頭を整理するためにもとても役立ちます。
 
まずは思いつくことを、なんでもかんでも出し尽くす。
 
その時は自分で否定など、「評価」はせずにとにかく思いつくままに出し尽くす。
 
そしてその後に
 
「要するに僕は何が欲しいんだろう・・・?」
「要するに私は何がしたかったんだう・・・?」
「要するにどうなりたかったんだろう・・・?」
 
そうやって書き出した、自分のメモをもとに 自分を客観的に見ていくと
 
自分が今、何を求めているか
自分が本当は何ができるか
それが見えてきたりします
  
これはグループや二人での会話でもできますが、最初から
「要するにあなたは何が言いたいの・・・?」って言われるとムッとする人も多いもしれないですね。。
 
とにかく話をするだけして最後に
「要するに私は…」
そうやって考えていくと頭が整理されてきます。
 
考えてばかりでも進みませんが、何かアウトプットしたり、行動をしたら一歩立ち止まって、振り返る。収束する。
 
ぜひ、一度やってみると自分が何を求めているか、より分かってきます♪
 
 
(写真は3年前のGWに行ったバンクーバーの様子。マラソンというチャレンジと海外という未知の場所に、ワクワク一杯でした☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体験してみる

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。   その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。 …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

異空間のティータイム

今日は、恵比寿にあるウェスティンホテルにてアフタヌーンティーをいただきながら、シェア会を行いました。    異空間でのティータイムは、会話もはずみ、あっという間の2時間でした♪    夜のお酒を飲みな …

心に響く音楽の力

何かをやろうと思っても、なかなかやる気がおきない。 始めてもなかなか集中力が続かない、気分が上がらない・・・   そんな時は、音楽をうまく取り入れて、モチベーション管理を行う方法があります。   例え …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント