自分軸を磨くために

ボトルネックを生かす

投稿日:2017年5月18日 更新日:

資格の勉強とか運動を始めようと始めたけれど、結局長続きしない。
  
何回もやろうと思って始めて何ヶ月か経って、いつの間にかやめている。
今思ったら過去10年でそんなことが何回もあったな、と思う。
自分が同じパターンにはまってるな、と思う。
  
そうやって継続できない自分が嫌になって、
自分に自信が持てなくなって、という悪循環に入ってしまう。
  
以前の僕はそんなこともよくありました。
  
僕がお会いする方の中にも、
自分が続けられないこと、苦手なことを
なんとか克服しようとして、苦しんで悩んで、
何度も何度もその壁に当たっている人が結構多いように思います。
  
そんな時は、
いわゆる自分のその「ネックになっている部分」
それを直そうとするのではなく、
それはもう仕方のないこととして
それをどう生かそうとするかを考えてみる。
 
 
文章書くのが苦手だったら、違う伝え方を考えればいい
 
運動するのが苦手だったら、違う活動を積極的にすればいい
 
睡眠時間が削れないんだったら、削らずにどうやって時間を作るか考えればいい
 
甘いものやお酒がやめられないなら、やめずに健康でいられる方法を考えればいい
 
やらなきゃいけなくて、どうしても自分が苦手なんだったら人に頼めばいい
 
 
自分が克服しようとすればするほど進まなくなる、
いわゆる「ボトルネック」になっているものがあるとしたら
もうそれを克服するよりも、その状態からどう次のステップへ行けるかを考えた方がいい。
  
物事には法則だったり鉄則的な事は
あるけれどもそれも月日とともに変わる。
   
どの業界の一流と言われる人たちにも
それぞれの性格やタイプがあって成り立っている
 
この形通りにやらなければいけない、なんてない
 
例えばサッカー選手でも、
足が速い人、そうでもない人
ドリブルがうまい人、そうでもない人
両足できれいに蹴れる人、左足でしか蹴れない人
色々なタイプの選手がいて
それでも各々が一流になっている
  
これはスポーツの世界、
将棋などの勝負の世界、芸能人や女優、俳優
すべての世界でそういうものが必ずある
  
だからもし、もう何年も何年も同じ自分の
「弱み」「ボトルネック」になっている
克服できない所に悩んでいるのなら、考えてみてください。
 
あなたが抱えているその「ボトルネック」となる部分
 「それを生かして前に進むには、どうすればいいですか?」

 
最後に、陸上400mハードルの銅メダリスト
為末大選手の言葉をお紹介します。
 
「現役時代の終盤は、アキレス腱が痛くてジャンプを伴う練習がつらくなった。そこで『この練習の本質は何か』をとことん考え、アキレス腱に負担をかけずに同じ効果を出せる練習にスイッチした」
  
これから一緒に前に進む方法を考えていきましょう♪
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】0期生‼
第三回 ~夢の叶え方~
6月11日(日)13:00-17:00 限定8名
 
お申し込みはこちらからお願いいたします:
https://www.facebook.com/events/294839840938041/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
あなたのやる気と才能を引き出す
インスパイアコーチ 福元政隆 
http://max7masata.com/sample-page/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

人生を味わう

「人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる」(美輪明宏) 僕は映画が好きで、過去20年で1,000本以上観てきました。 アクションやS …

湾岸の絶景を楽しむランニング

今日は、お台場で朝ラン&ブランチ会を開催しました。   急遽の開催にも関わらず、ランナーズマイスター資格をお持ちの米田進さんも来ていただき   お台場の景気を楽しみながら、ランニングをしました♪   …

出会いのルーツをたどる

「人の運命は出会いで決まる事が多い。成功するか、失敗するかは、その出会いをどれだけ大事に出来るかであろう」(島村俊治:スポーツジャーナリスト) 僕は「マインドマップに書き留める」 のがあまり性に合わな …

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント