自分軸を磨くために

共通するものを見つける

投稿日:2017年5月11日 更新日:

僕は昔かなりの人見知りだったので、知らない人に会うとすごく緊張してしまって、何もしゃべれませんでした。
 
それでも、自分を変えたくて交流会などに参加するようになり、でも結局なかなかしゃべれずに溶け込めないまま終了する、そんな経験をしていました。
 
ある時、開き直って「僕はすごく人見知りなんです」と周りに話したら、「私もすごい人見知りなんです!」と言ってくれた人がいました。
 
それがきっかけでその人とは急に打ち解けることができました。
 
人見知りと伝えることで、仲良くなるなんて思ってもみませんでした。
 
 
人と急激に仲良くなったり、親近感が湧くようになるには「共通のもの」が見つかるといいと言います。
  
住んでいる場所、趣味、仕事、知識・・何でもいいけれど、共通なものを見つける。
 
ときには自分が弱みだと思ってることをちょっとさらけ出してみる。
 
そうすると意外と周りの人が、受け入れてくれてお互いに仲良くなることもあります。
 
肩肘はらずに、ありのままの自分を素直に伝えて、何かお互いの「共通」を探していく。
 
そうすると、今までちょっと気難しく感じていた関係が急にほぐれてくる。そんなことが増えてくるかもしれません♪
 
(写真は僕の好きな旅で出会った仲間達。
道頓堀のglico前、ベタですが仲間と一緒なら楽しめます♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生を楽しむ心

「何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです」 (オードリー・ヘップバーン) もう何年も前、あるミリオネアの方と話をしたことがあります。 「自分はこれから何をしたいのか、分から …

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …

NLP、コーチングとは?僕が積極的におすすめする理由

「ここで学ぶスキルは、多くの人が歳を重ねていけば分かることなんです」 僕がNLP、コーチングを学んだときに言われたことです。 ひとつひとつ人生経験を積んでいけば、おおよそのことは分かってくる。 10代 …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント