自分軸を磨くために

できない理由を出し尽くす

投稿日:2017年5月29日 更新日:

「できない理由ばかり言うな」
「言い訳ばかりして!」
「どうすればできるかを考えなさい」
「できるできないより、やるかやらないか」
 
そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして捉えがちです。
 
でも、できない理由は、目標に向かって何をするかを考えるヒントになります。
 
「どんなことが起きたら、失敗に終わるだろう・・?」
それを、考えつくだけ、出し尽くしてみる。
 
例えば
「3か月後にフルマラソンを完走」
を目標にするなら
 
<達成できない理由>
○大会直前に体調を壊してしまった
○仕事が忙しくて練習ができなかった
○経験者のアドバイスを聞かなかった
○大会のコース条件を確認していなかった
○体重が想定より下がらなかった
○途中の栄養補給を軽視していた
○当日の気温を考慮していなかった
○当日の食事について考えていなかった
○10kmまでしか練習で走ったことがなかった
○ひざの痛みをケアする対策を怠った
○前半で飛ばし過ぎてバテた
・・・・
 
こうやって、想定される失敗する理由を書き出すことで
「そのために何をすればいいか」が明確になってきます。
 
最終的には、自分の意志、願望の強さが大切ではありますが
 
こうすることで、自分の頭の整理になりますので
ぜひ、一度試してみてください♪
 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

行動するときの心構え

「途中で意味を考えない。山に登る意味を考えていいのは登り切った人か、途中であきらめて降りた人だけ」 (所ジョージ) 僕が以前、考えすぎてなかなか行動に移せないときは 「まずやってみる」「やりながら考え …

心に響く音楽の力

何かをやろうと思っても、なかなかやる気がおきない。 始めてもなかなか集中力が続かない、気分が上がらない・・・   そんな時は、音楽をうまく取り入れて、モチベーション管理を行う方法があります。   例え …

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント