自分軸を磨くために

感情の扱い方

投稿日:2017年4月15日 更新日:

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は
「あなたが、無意識に選んでいる」
そして
「意識的に、その感情を変えることができる」
というのはご存知でしょうか?

僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて
考えた事もありませんでした。
心理学のメソッドを使うと、それができるようになります。

自動車教習所で習う「かもしれない運転」
をご存知の方は多いかと思います。

「多分、大丈夫だろう」と自分に都合よく考えて、一方的に安全だと思い込み運転することを「だろう運転」と言います。

これが思わぬ事故につながる事例が多いのです。
「人が出てくるかもしれない」
「前の車が急に止まるかもしれない」
など自分が置かれている状況から、

その先のあらゆる「~かもしれない」を考えて運転することが「かもしれない運転」です。

この事例は「人は思い込みしやすい」ことを伝えています。

運転だけに限らず、日常でもこういったことをやりがちです。
「あの人があんな風に言ったのは、私を嫌っているからに違いない」
「あの態度は、あいつは絶対に俺をバカにしている」

そうやって、自分で勝手に決めつけて、
解釈してしまうことがあります。

人の仕草や振る舞いを見て、
反応してしまうことがあります。

だから、つい誰かの発言や行動に対して
「◯◯に違いない」という想いが湧いたときは
「今日は体調が悪いのかもしれない」
「家庭で何かトラブルがあったのかもしれない」

というような、自分が直感で思ったこと以外の
「◯◯かもしれない」を考えてみる

そうすると、
反射的にイラっとして怒りそうになったり
落ち込んでしまったり、心配になったことが、
「思い込み」「勘違いかもしれない」ことに気づくきっかけになる。

気づくことで、違う気持ちに変わる。
もしあなたが、まわりの人の発言や行動に反応してしまったときに

「◯◯かもしれない」
一歩立ち止まって考えてみると、新しい発見があるかもしれません

(写真は、先日銀座で撮ったNISSANの展示車。ワクワクするときこそ、思い込みによる事故には気を付けたいものです☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本気で遊ぶ

「年をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから年をとるのだ」 (バーナード・ショー:アイルランドの劇作家) 僕は過去10年で1,500人以上の方とお会いしてきました。 様々な職業や生き方をさ …

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …

ありがとう日記をつける

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」 (オプラ・ウィンフリー)   僕は8 …

発展途上国に行って知る

If you can dream it, you can do it. 「夢見ることができれば、それは実現できる」 (ウォルト・ディズニー) 僕はあまりテレビ番組を見ない分 映画が好きで、その世界に憧 …

人生の豊かさ

My life didn’t please me, so I created my life. 「私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの」(ココ・シャネル) 僕は20代の頃、とにか …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント