未来を変える方法 習慣化と継続力 自分軸を磨くために

「常識」とは何か〜Everyone Knows?〜

投稿日:

僕が昨年、オーストラリアのゴールドコーストに訪れた時

電車やバスの中で、携帯電話で会話する人を何度も見かけました。

最初は、ちょっと違和感を感じたんですが

何の悪びれもせず会話する人を何度も見かけて

「オーストラリアでは制限されていないんだ」
と気付きました。

日本では、電車やバスの中で携帯で会話をすると

不機嫌な顔で周りから見られて
「悪いことをしている」感覚になります。

怒り出し、注意する人も見かけたことがあります。

確かに、
電車のなかで友達と会話するのと
携帯電話で友達と会話するのとでは
何が違うのでしょう?

なぜ、携帯電話での会話がいけないのでしょうか。

実際は
「通話中に電波が途切れる可能性があり、保証はできない」
「日本は電車の混雑がすごくて、近くの人に迷惑になりやすい」
「通話状態が悪いとついつい大声になってしまう」

などなど、理由はあるようです。
(日本でも禁止ではなく、「ご遠慮下さい」というニュアンスになっています)

しかし、ここで僕が改めて感じたのは
「ルールだから」
「規則だから」
「常識だから」

といった感覚は、その世界では通用するけど
理由もわからずに「反応」してしまうことがある・・・ということです。

違う環境(違う地域や国)に
行ってみると、

「常識」って何だろう??

と感じる場面がたくさんあります。

お互いに生活しやすくするためには
「常識」を共有するのも大切ですが

凝り固まった「常識」を感じるには
「今とは違う世界に行ってみる」
「ふだんと違う世界に住んでいる人と知り合う」

それが一番の近道であり
「身をもって体験することに勝るものなし」
だと感じています。

(写真はオーストラリア、ゴールドコースト市街地の”トラム”と言われる路面電車)

-未来を変える方法, 習慣化と継続力, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

憧れだった気球

ゴールドコーストでの滞在5日目。   念願だった気球にはじめて乗りました!!((o(^∇^)o)) ゴールドコースト市街地からバスで約1時間。 広大な牧草地帯から約30分のフライトでした。 25人乗り …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

体験してみる

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。   その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。 …

自分の体で感じてみる

今日で4月も終わりなので近くの神社にお礼参りに行ってきました。   僕がお礼参りを始めてからもう2年が経ちます。   実際に手を合わせてお祈りする時間は数分間ですけれど、   その間に1ヶ月にあったこ …

〜Change my life〜人生を変えるために

「夢を100個書き出しましょう」 「魔法のドリル」(山崎拓巳著)を読んでやってみたのはもう7年前でした。 100個書き出すのはかなり大変だったですが 何とか書き出すことができました。   今まで何とな …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント