自分軸を磨くために

流れ、巡るもの

投稿日:2017年6月1日 更新日:

昨日ランニングで20キロ走ってしまい、、、
今日はちょっと足が重たかったので、久しぶりに水泳に行ってきました♪
 
約30分ほど軽く泳ぐ程度ですが、身体をほぐすためにゆったり泳いですごくスッキリしました(^-^)
 
「運動は疲れるもの」と思いがちだった僕ですが、
 
適度な運動は逆に身体を元気にさせる、そんなことを経験を通じて知りました☆
 
特に、頭や神経を使う仕事をずっとした後は、
 
身体を動かす方が心も身体も滞っていたものが
スーッと抜けて気持ちよくなるのです。
 
川の水は、山から流れて、海に流れ出て、
それから蒸発して雲になり、雨になってまた山に戻っていく。
自然の世界では、そんな風に全てが、流れて、循環している。
逆に滞っていることの方が不自然。
 
だから何かに執着をして、滞ってるなという時、
 
ちょっとだるいなぁ、疲れているなぁ、という時こそ、
 
それをスッと抜くように、スッと流すように、
 
動きを作って、流してあげる。抜けさせてあげる。
 
ぜひ、日常に取り入れてみてください♪

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

ながら聴きを活用する

この本はいいと思って買ったはいいけれど、結局最後まで読みきれずに、「積ん読」状態になっている。 気がついたらそんな本が何冊も・・・   そんなことを解消するひとつの方法として、僕はオーディオブックを活 …

体験してみる

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。   その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント