自分軸を磨くために

人は過去を忘れる生き物、だから・・

投稿日:2017年4月25日 更新日:

「やってられないよ」と思ったとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみてください。
「頑張ってる私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?
(松岡修造:テニスプレーヤー)

 
「僕は何も誇れるものがなくて・・」
以前、僕はそんな相談を友達にしたことがありました。
  
コーチングを共に学んでいた彼は、僕にこんなことを聴きました。
「この1年間で自分がやったことは何だった?」
「そのやったことで“自分が得たもの”は何だった?」
  
そして、その「得たもの」を
紙に書き出してくれました。
 
そこに出てきた項目は
「自信」
「たくさんの友達」
「信頼できる仲間」
「毎日の幸せ感」
「新しい資格」
「高い評価、報酬」
「信頼できる同僚」
「健康な身体」
・・・・
他にもたくさん出てきました。
 
一通り書き出した後に、彼がその紙を僕に見せて
 
「1年間でこれを獲得した人ってどう思う?」
 
と聞かれたとき、僕はハッとして、
身体に電気が走りました。
まわりの人と比べてばかりで、
自分の足りない部分ばかり見ていた僕。
 
そんな「偏った」見方をしていた
自分に気づかされました。
人間は環境に「適応する」生きもの。
どんな状況でも「慣れる」生きもの。
  
だから、人は日常に「問題」を作り、
それを解決し、成長することに
「やりがい」を感じる。
  
確かに、より意識すればスピード感をもって
「成長」「進化」することができる
 
けれど、人はもともと
日々、「変化」し「成長」をしている。
  
だからもし、あなたが
「私は何も成長していない」と思って
焦ることがあれば
「この1年間で得たこと」を振り返ってみる。
 
以前はできなかったことが、自然にできている。
 
 
以前どうしても欲しかったものが、
当たり前のように手に入っている。
 
そんなことが数多くあると思います。
一度、振り返ってみて、また明日から
進んでいくのもいいかもしれません。
この1年間であなたが
行動、経験したことを振り返って
 
「あなたはこの1年で何を得ましたか?」
  
(写真はこの1年で僕が得た、自分の新しいスタイルと、信頼できる仲間達。1年は短いようで沢山の出来事があります♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …

必要なこだわりと不要なこだわり

まわりから「こうすればいいのに」とアドバイスをされても、「僕にはそれはできない」「そんなことしたら大変なことになる」・・そうやってなかなか前に進めなかった以前の僕。   でも後で振り返ってみると、自分 …

とっさのときの反応

先ほど、新宿御苑近くを歩いていたら、突然、外国人の方に英語で道を聞かれました・・   とっさのことで、少しびっくりしましたが、自然に英語で説明している自分に気がつきました。   聞かれたのは、都庁の場 …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント