自分軸を磨くために

相手の嫌いな所

投稿日:2017年4月22日 更新日:

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人)

『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』

僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できませんでした。

僕が嫌いな相手の特徴は、
「わがままで自己中心、自分勝手」
「感情の起伏が激しい」
「自分の話ばかりする」
でした。

そういう態度をとる相手に対して、強烈な嫌悪感を抱いていました。

でも、その話をまわりの仲間にすると
「そうかな、私はそんな風には思わないけどね」と言われることもありました。

まわりも皆そう感じている訳ではない、これは自分の中の問題なのかも・・そう気づきました。

そして、自分と向き合ううちに、それは「自分の中で禁止していること」、やってしまったら「罪悪感を感じること」だと気づきました。

相手の嫌いな部分は、自分が抑圧していたこと

「自分の意見を言う、自己主張する」
「感情を表に出す」
「自分のやりたいようにする」
「自分の話をする」

だったことに気が付きました。

「自分の中の嫌な部分、否定、禁止、抑圧している部分」を心理学用語で「シャドウ(影)」といいます。

心理学者カール・ユングが、自分の嫌な部分が相手の嫌な部分として「投影=鏡のように映し出される」ことを発見しました。

自分がやりたいのに禁じていることは、相手をうらやましく思って嫌な気持ちになるのです。

だから、「相手の問題に見えたことが、実は自分の問題だった」のです。

自分らしく、自分のやりたいように生きる。
自分の気持ちを素直に伝える。嫌なことは嫌と言う。

それを抑圧することが結局、自分を苦しめていたことに気づきました。
だから、自分に「自分のやりたいことをやっていい」と許可を出しました。

そうやって、「自分で自分を縛っていたルール」を手放して心を解放していきました。

だからもし、あなたがまわりに沢山嫌いな人がいたり
自分の行動が変えられない、苦しみやモヤモヤを感じているなら

あなたが「してはいけない」と思っているルールを破ってみる。
「別にしたっていいんだよ」と許可を出してみる。

やってみると、自分を縛っていたのは自分だけで、
まわりはそれほど気にしていない、という出来事が起こってきます。

あなたが今、もっと自分らしく生きたいと思うなら問いかけてみてください。

「私が、日常でイラッとする裏には、どんなルールがあるのだろう?」

(写真は、昨年ウェットスーツを初めて着たときのもの。鏡に映った自分を自撮りしました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イメージ・チェンジ

これは5年くらい前の話です。 「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、   自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むた …

ニュートラル

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・ そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。 そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。   そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ …

ボトルネックを生かす

資格の勉強とか運動を始めようと始めたけれど、結局長続きしない。    何回もやろうと思って始めて何ヶ月か経って、いつの間にかやめている。 今思ったら過去10年でそんなことが何回もあったな、と思う。 自 …

体験してみる

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。   その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。 …

人生を大きく変えるために大切なこと

今日は、広尾の人気カフェで 「自分軸を身につけ、自分の人生を生きる」講座のシェア会を開催しました(*^O^*) 講座を受け始めてから半年で、実感している変化をシェアし合い 「日常の小さな意識の変化が、 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント