自分軸を磨くために

対人関係のポイント

投稿日:2017年3月17日 更新日:

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー)

僕は10年前は極度の人見知りでした。
友達と言えば、学生時代のサークル仲間が数人だけで、30代になってからは年に数回飲みに行く程度の付き合いでした。

社会人になると「利害関係」が邪魔をして純粋な友達ができない。
学生時代の友達が唯一、一生の友達になれると思っていました。
僕が34歳で転職をしたとき、はじめて「孤独」を実感しました。

独りで転職をして、新しい環境に入る。
まわりの人は知らない人ばかり。同期の仲間もいない。
会社によって文化も違う。人種も違う。

以前の会社で、どれだけ周りの人に僕は支えられていたかをその時になってはじめて痛感しました。
「このままではいけない」
そう思った僕は、社外の人ともっと交流ができるようになりたいと想い、結局、学生時代の友達と一緒に「異業種交流会」に参加しました。。

このときの僕は、独りで知らない人ばかりの”集まり”に行くことも出来ませんでした。
とにかく、初対面の人と話すのができない。
自己紹介するのがすごく苦手で、こちらから話しかけられない。

結局、紹介された数人と少し会話をして、
後は飲んで食べて、何となくその場にいるだけ・・
それでも、普段の生活では会うことのない異世界の方と名刺交換をするだけでも、少し嬉しい気持ちになっていました。

今思えば、その頃の僕にとって、初対面の人と話すときは
「僕なんて何か面白いことが話せる訳ではないし・・」
「僕は自慢できるような実績はないし・・」
「まわりの人が凄い人にばかりにみえる・・」
「ただの会社員です、って言うのが恥ずかしい・・」
そんな気持ちが先に出てきて、その場から逃げたくなる。そんな感じでした。

その後、「コミュニケーション」について多くを学び、自分が考え過ぎだったことに気がつきました。

人との会話は、そんな「ちゃんとした」ことを話そうとしなくていい。
普通の世間話でもいい。
相手の住まい、相手の好きなことを聴くだけもいい。
大切なのは
「相手の話をしっかり聴くこと」
「お互いの時間を共有すること」

これが分かっていなかった。。

接客業をしていたり、人と接するのが好きな人には「当たり前」のこと。
人に教えてもらって初めて、そのことが分かりました。
現代は、どんどん便利な社会になってきて、
「相手ときちんと会話」をしなくても、成り立つ沢山のサービスが提供されている。
一日中、誰とも会話をしなくても、普通に生活できてしまう。

だからこそ、現代は人とのコミュニケーションで悩む人が多いのだと思います。

人は多かれ少なかれ皆「人見知り」はします。
そこに引け目を感じる必要は無いと思います。
芸能人でも人見知りは意外と多いと聴きます。

コミュニケーションは、行動としては小さな違いであっても、相手との関係には大きな違いを生むことが多々あります。
改善していくには、「素直に話せる仲間」がとても大切です。
家族や身近な人には話せないことも、
普段は会わない仲間だからこそ話せることもある。

お互いに「私はこうしているよ」ってアドバイスし合えると、日常生活にすごく生きる。
コミュニケーションに悩んでいるなら、独りで考えて解決できる訳がありません。
コミュニケーションは相手があってのものですから。

ぜひ、自分の想いを素直に伝えられる仲間を作って、より良い毎日にしていきましょう♪

(写真は7年前に行った、長野県の地獄谷温泉にて。猿が温泉に入りながら、お互いに寄り添う姿はとても微笑ましいものでした☆)

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】
第二回 4月16日(日)13:00ー17:00 限定8名

https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl

難しい理論よりも、参加者同士でシェアし合い、日常で使える実践的な方法を学ぶことを重視しています。
毎回独立した完結型の講座ですので、ぜひ一度ご参加ください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

簡単なアウトプットの方法

「ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(イチロー) 「アウトプットする」大事さは 最近よく聴く話だと思います。 インプットしたことを人に伝えよ …

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント