自分軸を磨くために

イメージ・チェンジ

投稿日:2017年4月29日 更新日:

これは5年くらい前の話です。

「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、
 
自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むために「変身」したくなりました。
 
左側の写真は当時の僕です。
  
その頃の僕は服装に全くこだわりというか、興味がありませんでした。色に関して苦手意識もありました。
  
基本的は黒、グレー、茶色、水色。ほとんどその組み合わせだけで、それ以外の例えば、赤、ピンク、黄色や鮮やかな色の服なんて、とてもじゃないけど着れなかった。
 
何度か違う色を買おうと思って、お店に行ったこともあるけれど、結局悩んで悩んで悩みぬいて、、いつものような物ばっかり買ってしまう・・・
 
家に帰って、タンスの中を見ると同じような服ばっかり。。そんな状態でした。
 
そんな時に友人でファッションに詳しい人がいたのでコーディネートお願いしてみました。
 
そして、お店に一緒に行って、似合うと言われた服装を試着室の鏡で見たときに、僕は「ありえない!」って思いました。
 
鮮やかな色のカーディガン。黄色いストール。水玉模様のシャツ。僕には女性物に見えたカバン。
全てがありえないファッションでした。
 
最初はほんとに違和感ありまくりでした。
  
近所にジャージで寝癖のまま出かける事は平気でも、
この服装で出かけるなんて無理!と言う気持ちでした。
 
自分が自分じゃなくなったような、違う人に乗り移ったような気持ちになって凄くドキドキしました。
 
でも友達に会って「似合うよ」「かっこいいよ」と言われて、すごく嬉しい気持ちになりました。
 
自分の中でありえないって思ってたことが、こんなにも良い反応が得られるなんて・・嬉しくなっていつもその格好をするようになりました☆
 
服装が変わると、不思議と自分の歩き方とか、表情とか姿勢、立ち振る舞いも自然に変わってくることに気づきました。
 
イメージチェンジという言葉がありますが、ほんとに見た目を変えると自分自身も変わるんだな、と実感した瞬間でした。
 
その後の変化は写真の通りです。
 
髪型、服装を変えるのは、女性の方は使う場合があるかもしれません。
  
ぜひ、自分の気持ちを一新させたいな、変わりたいなと思った時に、
 
「今までの自分が絶対選ばない」ような服装、髪型をやってみると心も変身できます。
 
雑誌の写真を参考にしてもいい。おしゃれな人のアドバイスに従ってもいい。
 
自分の選択肢には無いもの。それを取り入れていくことで不思議と自分の心の状態も変わります。
 
自分を変える方法って色々ありますが、今までの自分と違った世界に飛び込むという意味でも、
  
すぐできる面白い方法ですので、ぜひやってみてください。
 
きっと自分が予想もしなかったような自分に変わり、周りの反応も変わってくると思います♪
  
(写真は当時の茶色い服装からコーディネートしてもらった服装。昨年は初めて白パンをはいてみました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …

対人関係のポイント

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー) 僕は10年前は極度の人見知りでした。 友達と言えば、学生時代のサーク …

面倒の先にある世界

「メンドクサイことがイヤなら、寝ているのが一番。でも、ずっと寝ているだけじゃ、幸せも、生きてる時間もわかりっこない。メンドクサイことがいっぱいあるから、生きてるんだって実感が持てる」(所ジョージ) 僕 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント