自分軸を磨くために

すぐやる

投稿日:2017年5月1日 更新日:

これは僕が、ある成功者から教えてもらったことです。
 
いろいろなアドバイスや良い情報をもらって
「ありがとうございます」「やってみます」と言っておいて、なかなかやらない人が多い。
 

そんな話を聞きました。「とにかくすぐにやりなさい」と教えていただきました。
 
自分の枠を超える、制限を超える、怖いことに取り込む、まあいろいろなことがあるかもしれませんが、そんなことはさて置いて
 
3分でできること、10分でできること、ちょっと足を運べはできること、意識さえすればできること、
 
そんなことからでいいので、なるべくすぐにやってみる
 
これはある意味、習慣なので、やるようになると自然にできてきます。
 
今日やるのも、一週間後にやるのも、一ヶ月後にやるのも、結局先延ばししただけで、良くなる訳ではない。
 
すぐにやると、予想以上の変化が起こり、日常が良くなっていく。そんな感覚をつかんでいて、僕も意識しています。
 
「すぐやる」ぜひ試してみてください☆
 
(先日の投稿でピンクのシャツが似合うと言われたので、今日は着てみました。ちょっと恥ずかしいですが・・これで出かけてきます♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三日坊主から抜け出す方法

「最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる」 (チャーリー・チャップリン) 以前僕は、「何をやっても長続きしない」ことに悩んでいました。 いわ …

日常と非日常

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。   ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。   ゴールデンウィークに旅 …

必要なこだわりと不要なこだわり

まわりから「こうすればいいのに」とアドバイスをされても、「僕にはそれはできない」「そんなことしたら大変なことになる」・・そうやってなかなか前に進めなかった以前の僕。   でも後で振り返ってみると、自分 …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント