自分軸を磨くために

すぐやる

投稿日:2017年5月1日 更新日:

これは僕が、ある成功者から教えてもらったことです。
 
いろいろなアドバイスや良い情報をもらって
「ありがとうございます」「やってみます」と言っておいて、なかなかやらない人が多い。
 

そんな話を聞きました。「とにかくすぐにやりなさい」と教えていただきました。
 
自分の枠を超える、制限を超える、怖いことに取り込む、まあいろいろなことがあるかもしれませんが、そんなことはさて置いて
 
3分でできること、10分でできること、ちょっと足を運べはできること、意識さえすればできること、
 
そんなことからでいいので、なるべくすぐにやってみる
 
これはある意味、習慣なので、やるようになると自然にできてきます。
 
今日やるのも、一週間後にやるのも、一ヶ月後にやるのも、結局先延ばししただけで、良くなる訳ではない。
 
すぐにやると、予想以上の変化が起こり、日常が良くなっていく。そんな感覚をつかんでいて、僕も意識しています。
 
「すぐやる」ぜひ試してみてください☆
 
(先日の投稿でピンクのシャツが似合うと言われたので、今日は着てみました。ちょっと恥ずかしいですが・・これで出かけてきます♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

「やろうと思っていても、なかなか始められない」 「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」 新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。 そんなときは 「新しい行動を増やそう」とするよりも 「普段 …

早さはどこからくるか

よく仕事が早い、仕事が遅いと言うことがあります。「その違いは何なんだろう」僕はそんな疑問が湧いたことがありました。   確かに長い経験を積み重ねて、人とは思えないようなスピードで手が動くとか、達人的な …

信頼する人は誰か

「良い選手がいるから良いチームを持つわけじゃない。エゴイズム、嫉妬、個人主義といったものが良いチームを形成する際の問題となる。素晴らしい選手を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も …

自分の選択を生かす

「いろいろ考えられる選択肢の中から『この一手』を選ぶのは自分しかいないわけです」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人) 僕は中学生の頃から将棋が好きで、10代の頃に勉強して初段の実力までになりました。 …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント