自分軸を磨くために

三日坊主から抜け出す方法

投稿日:2017年3月11日 更新日:

「最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる」
(チャーリー・チャップリン)

以前僕は、「何をやっても長続きしない」ことに悩んでいました。
いわるゆる三日坊主になることが多くて、そんな自分に嫌になることもありました。
でもいつの間にか、まわりからは「継続力のある人」と言われるようになりました。

習慣化の方法を学び実践してきたことと、自分なりのスタイルを生み出したことが
その要因だと思います。

最近は、
「すぐやる」
「いきなり多くのことをしない」

を意識してやっています。

少し意識が変われば、日々の行動や習慣はあっという間に変わります。
その中に「楽しさ」「意外な発見」があればより継続しやすくなります。

数年前、ランニングを始めたときは、「朝一日10分走る」と決めてやりました。
「10分走って意味あるのかな?」と思っていましたが
意外と朝のランニングは気持ちよくて、やる気が上がることに気がつきました。

そして、気がつけば、4ヶ月後に初のフルマラソンにチャレンジし、完走していました。
「最初から多くのことをしない」
これはとても重要なことだと分かりました。

今日から、ちょっとだけ意識して新しいことをやってみる。
そうすると、数ヶ月後には、大きい変化が起きているかもしれません。

(写真は、バンクーバーでフルマラソンにチャレンジしたときのもの☆はじめは小さな一歩からでした♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

とりあえず調べてみる

何かをやろうと考えても 「そんな簡単にできるわけない」 そういう風に勝手に思い込んで、 調べる前に諦めてしまう・・・   でも調べてみると意外と近くで、 意外と低価格でできたりする。   そんな風に、 …

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …

発展途上国に行って知る

If you can dream it, you can do it. 「夢見ることができれば、それは実現できる」 (ウォルト・ディズニー) 僕はあまりテレビ番組を見ない分 映画が好きで、その世界に憧 …

早さはどこからくるか

よく仕事が早い、仕事が遅いと言うことがあります。「その違いは何なんだろう」僕はそんな疑問が湧いたことがありました。   確かに長い経験を積み重ねて、人とは思えないようなスピードで手が動くとか、達人的な …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント