自分軸を磨くために

行動するときの心構え

投稿日:2017年4月19日 更新日:

「途中で意味を考えない。山に登る意味を考えていいのは登り切った人か、途中であきらめて降りた人だけ」
(所ジョージ)

僕が以前、考えすぎてなかなか行動に移せないときは
「まずやってみる」「やりながら考える」ことを学びました。

やることを先延ばしにする「自分への言い訳」を無くし
前に進み、成長するにはこの考え方はとても役立ちました。

でも、やると決めてからの日々の行動は
「事前に考えておく」ことが大切だと経験しました。
短期間で何かをやり遂げるときは一日一日が大切です。
  
忙しいときに、翌日や今週のやることを
「あとはその時に考えればいいや」
と思うとうまくいかない事が増える。
  
「これは今日じゃなくていいかも」
そんな風に、都合よく考えてしまうこともある。
  
本当にやる気でいても、きちんと調べておかなかったために、想定外のことがあって一日を無駄にすることもある。
  
だから、
「考える」と「やる」を分ける。
  
  
「やる」ことは先に詳細まで考えておいて、
当日は「やる」だけにしておく。
「やる」ときは考えずに、迷わずに「やる」
  
そうすれば、想定外のアクシデントがあっても
余裕をもって対応、修正できる。
  
忙しい毎日を過ごしている時こそ、
次にやることを先に「イメージ」して考えておく。
  
そうすると、忙しくても、心のゆとりを持ちながら毎日を気持ちよく過ごせるようになります。
  
  
(写真は富士山に登頂したときのもの。頂上に登った瞬間、その絶景に心が震えました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …

あなたの才能と特性

「今あなたが持っているものに感謝すれば、もっと多くのものを手にすることができるでしょう。もし、あなたが持っていないものを気にしすぎたら、決して満足は得られないわ」(オプラ・ウィンフリー) オプラ・ウィ …

湾岸の絶景を楽しむランニング

今日は、お台場で朝ラン&ブランチ会を開催しました。   急遽の開催にも関わらず、ランナーズマイスター資格をお持ちの米田進さんも来ていただき   お台場の景気を楽しみながら、ランニングをしました♪   …

自然の偉大さを知る

「人生はいたって単純。競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない」 (スーザン・サマーズ:米国の女優、作家) 僕は以前、人間関係や仕事、趣味など色々なことに頑張りすぎて、 自分の気持 …

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント