自分軸を磨くために

心に響く音楽の力

投稿日:2017年5月23日 更新日:

何かをやろうと思っても、なかなかやる気がおきない。
始めてもなかなか集中力が続かない、気分が上がらない・・・
 
そんな時は、音楽をうまく取り入れて、モチベーション管理を行う方法があります。
 
例えば・・
ランニングをする時は、気分が盛り上がる曲
 
パソコンで作業をする時は、集中できるカフェミュージック
 
リラックスしたい時は、自然のゆらぎ音、癒し系のミュージック
 
心を整えたい時は、528ヘルツなどの周波数の音楽
  
Youtubeで
「ランニング 曲」「カフェ 音楽」「528hz 音楽」などと検索すれば
カンタンに見つけられます♪
 
これはNLPなど専門的にはアンカリングという効果も使っているわけですが
 
気分を変えて、心を切り替えるスイッチを用意しておくことで
行動の切り替えに役立ちます。
 
昔流行った音楽がどこか街中で流れていると、その頃を思い出す。
そんなことがあると思います。
 
それも一種のアンカリングです。
条件反射をうまく活用しているようなものですね。 
 
頭で「切り替えよう、切り替えよう」と思ってもなかなかできない。
 
そんな時は、五感から刺激をして行動を変えていく。
 
これも毎日の習慣化や自己管理に役立つ方法です。
 
自分に合った音楽探し、ぜひ楽しんでやってみてください♪ 
 
 
  
■インスパイアコーチ 福元政隆
https://goo.gl/M2zOml
 
 
(写真は昨日訪れた新宿御苑にて。朝はお台場、午後は新宿御苑と2カ所でランニングをしましたが…新宿御苑は木陰もたくさんあって、都会の中のオアシス的で、音楽を聴きながら気持ち良くランニングできました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …

面倒の先にある世界

「メンドクサイことがイヤなら、寝ているのが一番。でも、ずっと寝ているだけじゃ、幸せも、生きてる時間もわかりっこない。メンドクサイことがいっぱいあるから、生きてるんだって実感が持てる」(所ジョージ) 僕 …

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」 「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」   これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。   コーチングの講座では、受講生同 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント