自分軸を磨くために

苦手は人のためになる

投稿日:2017年5月19日 更新日:

僕はかなりの方向音痴です。駅から徒歩3分と案内があっても初めての場所はほぼ100%迷って10分以上かかります。
 
だから僕は自分の講座の会場案内をする時は、なるべく最寄り駅からの実際のアングルを写真に撮って、ポイント、ポイントを写真付きで投稿することにしています。
 
あまりその場所を知らない人には有り難がられることが多いです。
 
それは僕自身がそうしてもらわないと分からないから
 
苦手なことがあると、その人の気持ちがわかる。だからなるべく分かりやすく伝えることが出来るようになるのです。
 
初めから簡単にできて要領の良い人は確かに凄いなぁと思うけれど
 
苦手な人に教えるときに、その人の気持ちが分からなかったりする
 
だから自分が苦手なことがあれば、それは同じ苦手な人と共感するためにあると思って、うまく活用すると人に喜ばれることが増えてきます。
 
正論ばかりを言われても人はなかなか納得はできない。
 
やはりその人の気持ちをどれだけ共感できるかが大切になります。
 
だからあなたが苦手だなと思ってることがあったら、それは「誰かの役に立つ」そう思って過ごしてみてください♪
 
(写真は実際に講座の会場案内に使ったものです)
 
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】0期生‼
第三回 ~夢の叶え方~
6月11日(日)13:00-17:00 限定8名
 
お申し込みはこちらからお願いいたします:
https://www.facebook.com/events/294839840938041/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
あなたのやる気と才能を引き出す
インスパイアコーチ 福元政隆 
http://max7masata.com/sample-page/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …

20秒の勇気

何かを始めたり、新しい場所に足を踏み入れたり、ピンときたことを人に伝えたりする時、   失敗したらどうしよう… 場違いな所だったらどうしよう… とんだ勘違いだったらどうしよう…   そんな心配ばっかり …

難しいことをやさしく伝える

宇宙や光、相対性理論、量子力学について興味はあるけれど、難しくてよく分からない。   「はじめての○○学入門」を読んでも分からないから、「『○○学入門』入門」が欲しい!(ToT)   「感じる科学」は …

体験してみる

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。   その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント