自分軸を磨くために

不得意なことに財産がある

投稿日:2017年4月26日 更新日:

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」
(羽生善治:将棋棋士、十九世名人)

 
誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思います。
 
それを簡単にできる人をうらやましく思ったり、できない自分に劣等感を感じることもあったかもしれません。
 
でも「過去に不得意だったこと」「意識的に改善したこと」は大きな財産になる。
 
「簡単にできる人」は細かい手順を考えずにできてしまう。
 
だから、人に教えるときに、「なぜ、できないか?」が分からない。
 
「こうやればいいだけだよ」で済まされてしまう。
 
一方、過去に不得意だったり、沢山悩んだ人は、意識的に改善をしたから、その方法を説明できる。
 
人は悩んだ分だけ人の力になれる。
 
悩んでいる人の気持ちが分かる。共感できる。
 
 
人付き合いが苦手だった
 
人見知りが激しかった
 
緊張して人前で話せなかった
 
自分に自信がなかった
 
人とぶつかってばかりだった
 
傷ついてばかりだった
 
運動が嫌いだった
 
整理整頓ができなかった
 
・・・
 
完璧でなくてもいい。以前より改善していれば、必ず誰かの力になる。
 
あなたの経験が誰かのためになる。
 
だからもし、あなたが今、「自分には何ができるか」分からなくなっているなら、思い出してみてください。
 
「私が以前悩んでいて、克服できたことは何だろう?」
 
 
(写真はアメリカ、パームスプリングスのホテルから撮った朝日)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …

自分の性格を生かす

「自分を隠さない。気が弱いんだったら弱いまま。興奮しすぎるんだったらしすぎるまま。短所はない特徴だけがある。特徴をすんなりと生かした選手がグラウンドで輝く」 (為末大:陸上選手)   日常、どんな「言 …

ワクワクする人生はどう生み出すか

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」 (ウィリアム・ジェームズ) 僕は10年以上前、20代の頃はとにかくダメダメな私生活を送っていました。「人生 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント