自分軸を磨くために

不得意なことに財産がある

投稿日:2017年4月26日 更新日:

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」
(羽生善治:将棋棋士、十九世名人)

 
誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思います。
 
それを簡単にできる人をうらやましく思ったり、できない自分に劣等感を感じることもあったかもしれません。
 
でも「過去に不得意だったこと」「意識的に改善したこと」は大きな財産になる。
 
「簡単にできる人」は細かい手順を考えずにできてしまう。
 
だから、人に教えるときに、「なぜ、できないか?」が分からない。
 
「こうやればいいだけだよ」で済まされてしまう。
 
一方、過去に不得意だったり、沢山悩んだ人は、意識的に改善をしたから、その方法を説明できる。
 
人は悩んだ分だけ人の力になれる。
 
悩んでいる人の気持ちが分かる。共感できる。
 
 
人付き合いが苦手だった
 
人見知りが激しかった
 
緊張して人前で話せなかった
 
自分に自信がなかった
 
人とぶつかってばかりだった
 
傷ついてばかりだった
 
運動が嫌いだった
 
整理整頓ができなかった
 
・・・
 
完璧でなくてもいい。以前より改善していれば、必ず誰かの力になる。
 
あなたの経験が誰かのためになる。
 
だからもし、あなたが今、「自分には何ができるか」分からなくなっているなら、思い出してみてください。
 
「私が以前悩んでいて、克服できたことは何だろう?」
 
 
(写真はアメリカ、パームスプリングスのホテルから撮った朝日)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

やる気と集中力を上げるために

最近、ノマド生活者が増えて、どこのカフェに行っても人で一杯・・ 作業に集中したいのに、場所がない・・ だったら、どこでもカフェ気分になれる方法を考えよう!   ・・ということで カフェ気分で集中できる …

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …

必要なこだわりと不要なこだわり

まわりから「こうすればいいのに」とアドバイスをされても、「僕にはそれはできない」「そんなことしたら大変なことになる」・・そうやってなかなか前に進めなかった以前の僕。   でも後で振り返ってみると、自分 …

とっさのときの反応

先ほど、新宿御苑近くを歩いていたら、突然、外国人の方に英語で道を聞かれました・・   とっさのことで、少しびっくりしましたが、自然に英語で説明している自分に気がつきました。   聞かれたのは、都庁の場 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント