自分軸を磨くために

簡単なアウトプットの方法

投稿日:2017年3月24日 更新日:

「ぼくは天才ではありません。なぜかというと、自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(イチロー)

「アウトプットする」大事さは
最近よく聴く話だと思います。

インプットしたことを人に伝えようとするとき、
はじめて人の脳は整理をするから。

この話をすると、
SNSやブログで発信したり、
人に自己開示することを
「アウトプット」と捉えて、
なかなかできない方がいます。

僕がおすすめしているのは
「自分にメールを送る」です。

自分で文章を作って、
自分のメールアドレスにメールを送るのです。

誰かに見せるわけでもなく、
誰かに話すわけでもなく
「自分の中に溜まったもの」
を出すために
するのです。

溜まった感情、モヤモヤする想い、
怒り、嘆き、悩み、嬉しかったこと
何でもいいので、取り留めもなく書いてみる。

そうやって、自分の想いや考えを
「アウトプット」すると
だんだん自分の頭がスッキリしてきて、
自分で気づくことも増えてきます。

書く方がやりやすい、という方は
ノートに書き出すのでもいいと思います。

溜め込まずに、出す。

これをやっていくと、
自分の心と向き合う習慣もついてきます。

一日3分のアウトプット。

これだけでも続けていくと、
心がスッキリしていく
そんな感覚が得られてきます。

(写真は、以前行った黒部ダムの様子。資源を溜めるのは大事ですが、頭はスッキリがいいですね♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インスピレーション

データ分析やマーケティングリサーチなど、 数字、理論の世界で10年以上過ごしてきた僕は どうしても左脳で物事を考えてしまいがちです。    でも僕が過去に大きな変化や嬉しい、 ワクワクした経験を考えて …

ありのままで生きる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」(オードリー・ヘップバーン) 「ローマの休日」で知られる英国の名女優 オード …

人生の豊かさ

My life didn’t please me, so I created my life. 「私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの」(ココ・シャネル) 僕は20代の頃、とにか …

ニュートラル

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・ そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。 そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。   そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ …

人間らしさ

僕はスポーツで学ぶことは多いな、といつも思うのですが 日本を代表するような名選手にも様々なドラマがあります。   例えば、 サッカー日本代表の香川真司   ドイツで実績を残し、イングランドの名門クラブ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント