自分軸を磨くために

主体的に生きる

投稿日:2017年3月20日 更新日:

10年近く前、僕はリーダーには
なれないって思っていました。

その気持ちの奥には
「リーダーは周りの人よりも何でもできる、何でも知っているスーパーマンのような人がなるもの」
と思っていました。

でも、
リーダーは決して
前に出て引っ張っていく
スタイルだけではない

サッカーで言えば
前線のフォワードでも
ゲームをつくるボランチでも
守備のゴールキーパーでも
リーダーなることができる。

野球で言えば
エースピッチャーや4番バッターが
リーダーとは限らない。

音楽で言えば
ボーカルでもギターでもドラムでも
誰でもリーダーになれる。

人を動かす指揮者でも
自ら表現するプレーヤーでも
陰で見守る裏方でも
人を支えるサポーターでも
誰しもがリーダーになれる

「主体的に生きる」
「リーダーになる」ことはそんなに
特別なことじゃない。

ただ、自分の意思で
その行動を決めていればいい。

「まわりの人みたいな特別なことはしていなから・・」
ついつい、人と比べたくなりますが
同じ行動でも、
「自分は何のためにそれを行動するのか?」
があればいい。

それにはいろいろな形がある。
この10年で沢山の人と出会い
たくさんのことを学び
たくさんの実践をし、体験する中で
そのことに気づきました

誰しもがリーダー

自分の人生をどんなスタイルで生きるか
どんな行動をするか

人に決めさせるのではなく自分で決める
「こうしなければいけない」なんてない。

選ぶのは自分だと気づきました。

人と比較するのではなく
人に合わせるのでもなく
自分の願望を明確にしていく

そんな時間をもつと、
ワクワクすることが増えていきます。

(写真は、2011年に富士山に登頂したときのもの。雲の上の景色は最高でした☆)

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】
第二回 ~感情・無意識編~
4月16日(日)13:00ー17:00 限定8名

https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl 

難しい理論よりも、参加者同士でシェアし合い、日常で使える実践的な方法を学ぶことを重視しています。
毎回独立した完結型の講座ですので、ぜひ一度ご参加ください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今を生きる

『未来とは、今である』 (マーガレット・ミード) 「今を生きる」という名作映画がありました。 僕が大好きな俳優、 ロビン・ウィリアムズの名演が光る映画でした。 そこでの名言を少しご紹介します。 「今日 …

発展途上国に行って知る

If you can dream it, you can do it. 「夢見ることができれば、それは実現できる」 (ウォルト・ディズニー) 僕はあまりテレビ番組を見ない分 映画が好きで、その世界に憧 …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

流れ、巡るもの

昨日ランニングで20キロ走ってしまい、、、 今日はちょっと足が重たかったので、久しぶりに水泳に行ってきました♪   約30分ほど軽く泳ぐ程度ですが、身体をほぐすためにゆったり泳いですごくスッキリしまし …

イメージ・チェンジ

これは5年くらい前の話です。 「最近なんか表情よくなってきたね」とか「最近なんかいい感じだね」と言われるようになってきて、   自分でも心の中が良い方向に進んでるな、と感じたときに、もう一歩前に進むた …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう