自分軸を磨くために

絶対にゆずれないもの

投稿日:2017年5月4日 更新日:

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。
 
なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、
いざ物件を見に行ってみると、
  
やっぱり1階は嫌だ、
トイレとお風呂は別の方がいい、
駅から遠すぎる、
近くにお店がない、
もう少し収納スペースがあったほうがいい・・・
 
そうやって条件をどんどん重ねていくと、
家賃がどんどん上がっていって、物件もどんどん少なくなっていく。
 
そうやって悩んで悩んで、これだと言う物件を見つけていく作業はとても時間のかかるものでした。
  
最近は物件検索サイトも高度になっていて、
「こだわり条件」がかなり詳細に選べます。
  
選べる条件はパッと見ても30種類以上あります。
インターネット検索が普通になって、検索システムも日々進化しています。
 
部屋選びに限らず、人は皆、「自分のこだわり」があります。
 
「欲しいもの」「やりたいこと」
僕が個別相談を受けて、そんな話を聴いていると、
 
質問して掘っていかないと分からない、結構あいまいな場合が多々あります。
 
最初に出された願望に対して
「じゃあ、こうすればいいんじゃない?」と言うと
「いや、そうじゃなくて・・」
と聞いていなかった条件がどんどん出てきたりします。
   
だからあなたがもし、これから先、「欲しいもの」「やりたいこと」があるなら
  
その裏にある、「絶対にゆずれない、自分だけのこだわり条件」を書き出してみる。

  
そうしておくと、自分のアンテナが自然と立ってきて、思わぬ所からチャンスが巡ってくるかもしれません。
 
(写真は以前に引越したときの写真。生活スタイルを変えるために4年ぶりに引越しを考えてる最中です♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

スッキリした気持ちで過ごすために

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」 (スティーブ・ジョブズ) 僕は以前、予定が空いていたら、とにかく埋める癖がありました。 行動力がなく、惰性で過ごしていた頃の僕に …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

自然の偉大さを知る

「人生はいたって単純。競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない」 (スーザン・サマーズ:米国の女優、作家) 僕は以前、人間関係や仕事、趣味など色々なことに頑張りすぎて、 自分の気持 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント