自分軸を磨くために

出会いのルーツをたどる

投稿日:2017年4月10日 更新日:

「人の運命は出会いで決まる事が多い。成功するか、失敗するかは、その出会いをどれだけ大事に出来るかであろう」(島村俊治:スポーツジャーナリスト)

僕は「マインドマップに書き留める」
のがあまり性に合わなくて、
ふだんは普通にノートに書きます。

でも、これはいいな!と思ったのは
僕が数年前教えて頂いてやった
「人脈をマインドマップに書き出す」

今、とても仲の良い大切な仲間との
出逢いを辿っていくと、
「数年前あの人に誘われて、集まりに参加したからだ!」

「あの人が紹介してくれた人から繋がったんだ」

ということが山ほど出てきました。

キーマンとなる影響力の強い人や
直接的に恩を受けた人にばかり
意識が行きがちだけれど、

「大切な人との出逢い」
を作ってくれた人を思い出す。

すべてが偶然のようで、
一つ一つの出逢いがなければ
今の自分がないことに気づく。

 
出逢ってきたすべての人に
感謝の気持ちがもてる。

日々の忙しさに振り回されて、
自分を見失いそうになったり
何か行き詰まりや、孤独感を感じたときに
 
自分の今、大切な人との出逢いの
ルーツを探ってみる。

そして、それに枝葉のように広がっていく
出逢いの連鎖を書き出してみる。

そうすると、自分がどれだけ、
人に恩を受けてきたか
どれだけ自分は幸運なのかに
気づけるかもしれません。

「あなたの人生に大きな影響を与えた、そのルーツになる人は誰ですか?」

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】
第二回~感情・無意識編~ 4月16日(日)13:00ー17:00
https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl 0期生の今だけ特別価格にてご案内中!
毎回独立した完結型ですので、この機会にぜひお申し込みください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …

異空間のティータイム

今日は、恵比寿にあるウェスティンホテルにてアフタヌーンティーをいただきながら、シェア会を行いました。    異空間でのティータイムは、会話もはずみ、あっという間の2時間でした♪    夜のお酒を飲みな …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

日常の無意識から変えていく

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。(斎藤茂太:随筆家) 「潜在意識」の存在について、多くの書籍が出ていて、その大切さは多くの人が知っていることかと思います。 でも結局 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント