自分軸を磨くために

相手になかなか伝わらないときは

投稿日:2017年4月23日 更新日:

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴)

「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・

そんな時は、伝え方を変えてみることをおすすめします。

人それぞれ「言葉」の意味が違う。視覚、聴覚などの感覚も違う。

例えば「ついつい電話で話そうとする」「言葉で説明しようとする」人が相手にうまく伝わらないとき

「目で見えるものにして説明する」方法に変えたら、上手く伝わるようになります。

「山」という言葉でも、人によって「連想」するものが違う。

「試行錯誤」という言葉よりも、「色々とやってみて、正解を見つけていく」と伝えた方が理解してもらい易い場合もある。

「迅速に作業を終わらせて」よりも「ササッと終わらせて」の方が、伝わりやすい人もいる。

だから、もしあなたの伝えたいことが、「何度も言っているのに」伝わらないなら伝え方を変えてみる。

「言葉」で伝わらないなら、「図」「写真」で説明してみる。

「漢字」で伝わらないなら、「ひらがな」「カタカナ」で説明してみる。

「図」や「言葉」で伝わらないなら、「身体の動き」で説明してみる。

「難しくて」伝わらないなら、例え話で説明してみる。

そうやって、説明していくと、「やっと言いたいことが分かった」と言ってもらえることが増えていきます。

すべての人は「頭の中の地図が違う」「優先的に使う五感が違う」、これはNLPという心理学で学ぶことです。

だからもし、あなたが周りの人に、もっと理解してもらいたいなら「伝え方を変える」ことを意識してみてください。工夫してみてください。

「私が伝えたいことを、別な表現をするなら・・・(* ゚∀゚)!!」

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信頼する人は誰か

「良い選手がいるから良いチームを持つわけじゃない。エゴイズム、嫉妬、個人主義といったものが良いチームを形成する際の問題となる。素晴らしい選手を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

苦手は人のためになる

僕はかなりの方向音痴です。駅から徒歩3分と案内があっても初めての場所はほぼ100%迷って10分以上かかります。   だから僕は自分の講座の会場案内をする時は、なるべく最寄り駅からの実際のアングルを写真 …

面倒の先にある世界

「メンドクサイことがイヤなら、寝ているのが一番。でも、ずっと寝ているだけじゃ、幸せも、生きてる時間もわかりっこない。メンドクサイことがいっぱいあるから、生きてるんだって実感が持てる」(所ジョージ) 僕 …

対人関係のポイント

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー) 僕は10年前は極度の人見知りでした。 友達と言えば、学生時代のサーク …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント