自分軸を磨くために

スペースをつくる

投稿日:2017年5月7日 更新日:

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。
かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。
  
その大半のものは過去に自分が記録したノート、本でした。
 
もちろんデータや写真で残ってるものは、今もちゃんと取ってあるけれど、
ざっと見直してみてもう必要ないと分かり、どっさり捨てました。
 
僕が大きな断捨離をしたのはちょうど4年近く前。
自動車を売り払い、部屋もダウンサイジングして本や家具、衣類、家電などをびっくりするほど多くのものを捨てました。
 
新しいスタイルに進むためには、頭の中も実際の環境も「スペース」が必要。
だからまず捨ててスペースを作る、そんな時期にまた来てるな、と感じています。
 
沢山の学びや気づきを書き留めたメモ。ノート。
それを見なくても、必要なものは全て頭の中にある。体に染み付いている。
  
パソコンやスマホもデータが入りすぎて、メモリが一杯になると、動きが遅くなったり、必要なときに保存できなくなったりします。
 
人の頭や心も同じ。必要なものを入れていくには、しっかりと「スペース」を作る。
 
もし今、何か頭がモヤモヤ、整理がつかないときは、まずは不要なモノを捨てて「スペース」を作る。
 
そうすると、そこに必要な、大切なものが入ってくるかもしれません☆
 
(写真は4年間に引越した時の写真。車、家具など沢山のモノを手放しました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

日常と非日常

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。   ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。   ゴールデンウィークに旅 …

要するに・・・

営業企画、マーケティング職で10年以上仕事をしていた僕は、以前ある一般消費財の商品化に携わっていたことがあります。    新商品を開発するのはとても労力、時間のかかる仕事です。 その基本的な方法として …

アファメーション

「あなたの言葉には、あなたの行動と同じ価値があります。行動することも大切ですが、それ以上に言葉は大切です。言葉は世界をも揺り動かす力を持っています」(ジョセフ・マーフィー) 僕は以前、極度の人見知りで …

早さはどこからくるか

よく仕事が早い、仕事が遅いと言うことがあります。「その違いは何なんだろう」僕はそんな疑問が湧いたことがありました。   確かに長い経験を積み重ねて、人とは思えないようなスピードで手が動くとか、達人的な …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント