自分軸を磨くために

スペースをつくる

投稿日:2017年5月7日 更新日:

今日はゴールデーンウィーク中ですが、一日ひたすら掃除をしました。
かなりのモノを捨てました。以前に比べて普段から捨てているつもりだったのですが、結構な量のゴミが出ました。
  
その大半のものは過去に自分が記録したノート、本でした。
 
もちろんデータや写真で残ってるものは、今もちゃんと取ってあるけれど、
ざっと見直してみてもう必要ないと分かり、どっさり捨てました。
 
僕が大きな断捨離をしたのはちょうど4年近く前。
自動車を売り払い、部屋もダウンサイジングして本や家具、衣類、家電などをびっくりするほど多くのものを捨てました。
 
新しいスタイルに進むためには、頭の中も実際の環境も「スペース」が必要。
だからまず捨ててスペースを作る、そんな時期にまた来てるな、と感じています。
 
沢山の学びや気づきを書き留めたメモ。ノート。
それを見なくても、必要なものは全て頭の中にある。体に染み付いている。
  
パソコンやスマホもデータが入りすぎて、メモリが一杯になると、動きが遅くなったり、必要なときに保存できなくなったりします。
 
人の頭や心も同じ。必要なものを入れていくには、しっかりと「スペース」を作る。
 
もし今、何か頭がモヤモヤ、整理がつかないときは、まずは不要なモノを捨てて「スペース」を作る。
 
そうすると、そこに必要な、大切なものが入ってくるかもしれません☆
 
(写真は4年間に引越した時の写真。車、家具など沢山のモノを手放しました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

まわりにリクエストしてみる

相手が私の気持ちをわかってくれない… 私がして欲しいことをなかなか気づいてくれない… そんな風に思うこともあるかと思います。    でもそうやって、察して欲しいと待っていても、なかなか物事は進まない。 …

必要なこだわりと不要なこだわり

まわりから「こうすればいいのに」とアドバイスをされても、「僕にはそれはできない」「そんなことしたら大変なことになる」・・そうやってなかなか前に進めなかった以前の僕。   でも後で振り返ってみると、自分 …

日常の無意識から変えていく

「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのが、いい人生。(斎藤茂太:随筆家) 「潜在意識」の存在について、多くの書籍が出ていて、その大切さは多くの人が知っていることかと思います。 でも結局 …

とりあえず調べてみる

何かをやろうと考えても 「そんな簡単にできるわけない」 そういう風に勝手に思い込んで、 調べる前に諦めてしまう・・・   でも調べてみると意外と近くで、 意外と低価格でできたりする。   そんな風に、 …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう