自分軸を磨くために

早さはどこからくるか

投稿日:2017年5月10日 更新日:

よく仕事が早い、仕事が遅いと言うことがあります。「その違いは何なんだろう」僕はそんな疑問が湧いたことがありました。
 
確かに長い経験を積み重ねて、人とは思えないようなスピードで手が動くとか、達人的なスキルを持っていて早いという場合もあります。
 
でもそれだけじゃないんではないかと思いその仕事の早い人の行動をを観察していたことがあります。
 
その人は、早さもありながら、とても正確で「雑」な感じも全くないのです。
 
そこで分かった事は「その人には迷いがない」ということです。
 
仕事が遅い人は、何かをやっているときに違う考えが湧いたり、不安がでたり、色々な迷いが出たりして作業がストップしたり、違う行動を始めてしまう。
 
「一心不乱」という言葉がありますが、仕事の早い人はその最中に、他の無駄な動きがないのです。
 
何か仕事をするときに、やりながら考えて、やって考えてというような仕事の仕方をしていると進みがすごく遅い。
 
仕事の意味を熟知した人よりも、その仕事の手順だけを覚えて、何も考えずにやる人の方が断然早い。
  
何も考えずに気持ちも込めずに、仕事をするのがいいという訳ではないですが、「やるときはやる」と切り分けるのが大事だと分かりました。
 
だから、先に内容についてきっちり考えて、練り上げる。その後にやる手順だったり、決め事や基準を全て明確にしておいて、やるときは迷いをなくやる。これが早さの秘訣なのだと分かりました。
  
とにかく夢中で取り組めば、余計な不安や心配という感情に振り回されることも減ってきます。
  
やると決めたら一つの区切りまでやり切る。
  
そうやっていくと、思った以上に物事が進み、新しく考える時間も増えていきます♪
 
 
(写真は去年のトライアスロンの練習時のもの。連休は海で泳いで更にランニング、夜は食事会、翌日は峠を登りました。迷っている暇はありませんでした。。)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

絶対にゆずれないもの

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。   なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、 いざ物件を見に行ってみると、 …

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

昔できなかったことを果たす

今日は週に1度のSkype英会話でした。 昨年から始めたこの英会話は、週に1度のペースで教えていただいています。   相変わらず文法はよくわからないので、先生にかなり直されますが、   まずは相手の言 …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント