自分軸を磨くために

日常と非日常

投稿日:2017年5月3日 更新日:

最近「ワクワクすることをしよう」とよく言いますが、ワクワクってなんだろう・・・僕はそんな風に考えたことがありました。
 
ワクワクを一番感じ易いのは「非日常」だと思います。
 
ゴールデンウィークに旅行に行くのもそうです。
休暇をとって旅行に行ったり、特別なことをするときに感じることが多い。
 
ただ非日常はあくまで非日常。
非日常がなければワクワクがないと言うのでは、ちょっと生活自体がバランスを欠いてしまう。
 
だから、いかに日常を楽しめるか、日常の中に非日常を作り出すかが大事だと僕は思います。
 
基本的にはワクワクはマンネリの中には生まれない。
 
具体的には、普段行くお店を違うお店に変えてみる、違うメニューを試してみる、歩く道を変えてみる・・など
 
日常の無意識にやっている同じ行動パターン、それを意識的に変えていく。
 
最初は少し面倒と思うかもしれないけど、それを普通にしていくとワクワクで楽しい出会いが増えてきます。
 
僕は外食するときはなるべく行ったことがないお店を探して行くようにしています。
 
たまに失敗することもありますが・・予期せぬ良い出来事、良いお店に出会うことも多々あります。
 
そうやって日常の中に非日常を作り出していく
 
そういう、日常のちょっとした行動が「ワクワク」「変化を楽しむ」心を育てると僕は思っています。
  
「日常の中に非日常をつくりだす」
1日ひとつでいいのでやっていくと、毎日が楽しみになってきます♪
 
 
(今日は銀座で、初めてのお店でランチした後、最近オープンした「GINZA SIX」に行ってきました♪新しいものに触れると頭に刺激がもらえて楽しいです♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目的地への旅

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」 (スティーヴンソン:英国の小説家) 人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。 でも、人生という列車には「目的地」が分からず 乗っ …

人間らしさ

僕はスポーツで学ぶことは多いな、といつも思うのですが 日本を代表するような名選手にも様々なドラマがあります。   例えば、 サッカー日本代表の香川真司   ドイツで実績を残し、イングランドの名門クラブ …

人生を変えるために大切なこと

「一歩踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 (トッド・スキナー:フリークライマー) 今日は3月5日に第1回を開催した講座に ご参加頂いた方とのシェア会でした。 シェア会のコンセプトは 「非日常の空間 …

絶対にゆずれないもの

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。   なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、 いざ物件を見に行ってみると、 …

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

読者登録

メールアドレスを記入して登録すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

最近のコメント