自分軸を磨くために

問題をすり抜ける

投稿日:2017年5月12日 更新日:

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。
 
でもある方に教えていただきました。
 
「問題は全て解決する必要はない」
次のステップに行けるのであれば、そのまま行ってしまえばいい。
 
過去に、僕は仕事仲間と仲違いをし、関係が崩れたことがありました。
 
僕はそれをなんとか修復しようと努めたですがなかなかそれはうまくいかない。
その時に、この問題を僕は離れて次に進むことを決めました。
  
そうしたら新しい方向に物事が進み始めました。
 
そして気がつけば、いつの間にかお互いが別々の道で自分らしく進んでいました。
関係性が変わったことで、お互いにとって問題が問題でなくなったのです。
 
何かを進めようとして、思い通りに進まない。
 
そのときに「問題」に焦点を当ててしまいがちですが、問題を解決するのが目的ではない。
 
大切なのは、その先に何があるか。本当の目的は何か。
 
問題に焦点を当てるのではなく、自分が行きたい行きたい方向、生きたい人生に焦点を当てる。
 
そうすると問題が問題でなくなるときがくる。
ときには、前に進むために「問題をすり抜ける」「問題をスルーする」そんなことも大事になる。
 
だからもし今、問題に行き詰まっていると感じているなら、
真っ正面から向き合わずに「すり抜けて」みる。
目的へ向かう他の道筋を考えてみる。
 
そうすると、思わぬ所から道が開けて、今まで問題だったことが問題でなくなる日がくるかもしれません♪
 
 
(写真は昨年参加した石垣島トライアスロンで自転車を組み立てたときのもの。自分で運ぶのは大変、でも分解して組み立てるのも大変。その問題はあまり大きな分解をせずに郵送することで解決しました☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

ボトルネックを生かす

資格の勉強とか運動を始めようと始めたけれど、結局長続きしない。    何回もやろうと思って始めて何ヶ月か経って、いつの間にかやめている。 今思ったら過去10年でそんなことが何回もあったな、と思う。 自 …

絶対にゆずれないもの

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。   なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、 いざ物件を見に行ってみると、 …

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …