自分軸を磨くために 講座・イベント案内

難しいことをやさしく伝える

投稿日:

宇宙や光、相対性理論、量子力学について興味はあるけれど、難しくてよく分からない。
 
「はじめての○○学入門」を読んでも分からないから、「『○○学入門』入門」が欲しい!(ToT)
 
「感じる科学」は、まさに入門の入門、分かりやすくて面白い!おすすめです。
  
難しい数式など出てきません。数式の代わりに、バカバカしい例え話が無数にできてきます。
  
冒頭にそう書かれているこの本は、本当に「くだらない。。。」と吹き出すくらい無数に例えが出てきます。。
  
でも、なぜか非常に分かりやすい。
  
僕はこれをオーディオブックで移動中に聴いて、相対性理論がやっと、なんとなく分かりました(* ̄∇ ̄*)
 
  
「難しいことをやさしく」伝えるのは、意外と難しいことです。
  
教える人=専門家なので
  
教える人は、専門的に学べば学ぶほど相手に正確に伝えようとして
 
ついつい細かいこだわりを持ってしまうからだと、僕は考えています。
 
 
僕は20代の頃から、得意だったパソコンスキルをまわりに伝えて
 
「とても分かりやすい」
 
と言われることが多々ありました。
 
それはなぜだろう・・?と自分で考えてみると
  
「僕は難しいことは覚えられない」
  
「勉強したいのではなく、問題を解決したい」
 
からでした。
 
だから、
  
「もっと短時間でパッと集計できないかな?」
  
「この作業大変だから、ササッと楽にやる方法ない?」
  
それを解決する方法を、なるべく単純化して教えて、少しだけその構造を解説していました。
 
知りたい目的があって、それが解決すればいい。
  
そこに難しい解説はあまり必要ではない。
  
  
 
「一般相対性理論・・・・・???」言葉を読んでも意味が分からない
  
「NLP=神経言語プログラミング・・・???」余計分からない。。。
   
 
一般的な言葉で、多少の語弊を承知の上で
 
「要するに・・・」
 
「分かりやすく、簡単に言うと・・○○みたいなもの」
 
 
僕は講師として、今でもこれを大切にしています。
 
「NLPは、1970年代に米国で生まれた、3人の天才セラピストの行動を分析して、誰でも再現できるように作られたスキル」
→(天才セラピストのスキルが身につく)
 
学ぶとどうなるか
 
「NLPを学ぶと、頭が柔軟になる、物事を見る視点が変わる、コミュニケーション能力が上がる」
 
得られる結果を3つ挙げると
 
「自分を癒してもっと楽に生きられるようになる」
→(心がスーッと軽くなる)
  
「仕事やスポーツで成果が出やすくなる」
→(要点がパッと分かるようになる)
  
「職場の人間関係、身近な人との関係が良くなる」
→(楽しく会話できるようになる)
  
これが僕が実体験から感じていることです。
 
 
教科書のような、大学のような難しい解説はしません。
 
正しく体系的に学ぶことよりも
 
「今、悩んでいることを解決する」
 
「得たい目標、結果にたどり着く」
 
そのために大切なスキルをお伝えしています。
  
 
8月19日(土)13−17時
「自分軸で生きる講座〜セルフイメージ・習慣の書き換え」では
 
NLP・コーチングのメソッドを使って
 
・あなたが思っている「セルフイメージ=自分像」が変わる
・あなたのもつ「才能」「長所」が明確になる
 
ためのワークショップを行います。
  
心理学や脳科学に精通した講師陣が
誠心誠意、あなたの力になります。
 
この機会にぜひ、お越しください。
 
自信とやる気に満ちあふれた毎日を過ごすために
一緒に楽しく学びましょう♪
 
申し込みはこちらからお願いいたします。
自分軸を身につけ、自分の人生を送る講座

-自分軸を磨くために, 講座・イベント案内

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

〜Change your life〜人生を変えるために

「夢を100個書き出しましょう」 「魔法のドリル」(山崎拓巳著)を読んでやってみたのはもう7年前でした。 100個書き出すのはかなり大変だったですが 何とか書き出すことができました。 今まで何となくし …