自分軸を磨くために

20秒の勇気

投稿日:2017年5月26日 更新日:

何かを始めたり、新しい場所に足を踏み入れたり、ピンときたことを人に伝えたりする時、
 
失敗したらどうしよう…
場違いな所だったらどうしよう…
とんだ勘違いだったらどうしよう…
 
そんな心配ばっかりが頭によぎって、なかなか行動できない。そんなことが多かった以前の僕。
 
「20秒の勇気」
 
これは「幸せへのキセキ」という映画で知った言葉です。
 
「20秒恥をかく勇気を持てば、素晴らしいことが起こる」
 
実話を元に作られたこの映画では、この勇気で幸せをつかんでいく主人公が描かれています。
 
20秒だけ勇気を出してみて、ダメだったらやめればいい。引き返せばいい。
 
この考え方を知ってから、何か気持ちが楽になって、行動が出せることが増えました☆
 
勇気を出して新しい場所に踏み入れて、心配するような出来事が起こった事なんて、結果的にはほとんどありませんでした。
 
新しいものに触れる時に、どうしても起こる「心配」
 
これは人間が持つ防衛本能として、仕方のない部分がある。だから、
 
ちょっとだけ勇気を出して扉だけ開けてみる
 
その扉が本当に新しい道につながっていた、そんなこともたくさん経験しました。
 
僕がコーチングやNLPとであったり、マラソンにチャレンジしたり
 
今ではかけがえのない経験も、最初はちょっとした勇気で扉を開けたから
  
だからもし、何か直感的にこれ!という惹きつけられるものがあって
 
でもなかなか一歩踏み出せない、という時は
  
20秒でいいから勇気を出して扉だけ開けてみる。
 
違うなって思ったらやめればいいし、すぐ帰ってくればいい。
 
そうすると、今まで知らなかった世界が見えてきて、自分にとって非常に大切なものが目の前に現れる
 
きっと、そんなことが次々と起こってきます♪
 
お知らせ
■5/28(日)9時~朝ラン&ブランチ会(お台場)
https://goo.gl/8aXkV2
  
■6/3(土)15時~ラン&食事会(新宿御苑)
https://goo.gl/jckpx0
  
■6/11(日)13時〜自分らしく生きるための講座(新宿御苑)
https://goo.gl/3nD1tL
 
 
(写真は、はじめてのフルマラソンにバンクーバーでチャレンジしたときのもの。海外での初チャレンジはワクワクしながらも、かなり緊張しました。。)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」 「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」   これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。   コーチングの講座では、受講生同 …

人生を味わう

「人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる」(美輪明宏) 僕は映画が好きで、過去20年で1,000本以上観てきました。 アクションやS …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …