自分軸を磨くために

要するに・・・

投稿日:2017年5月5日 更新日:

営業企画、マーケティング職で10年以上仕事をしていた僕は、以前ある一般消費財の商品化に携わっていたことがあります。
  
新商品を開発するのはとても労力、時間のかかる仕事です。
その基本的な方法としてブレインストーミング(ブレスト)という方法があります
  
グループで集まって、アイデアをとにかく出しまくる。
 
「それはどうかなぁ」
「そんなの無理だよ」
とかそんなことを考えずに、
  
とにかくグループでお思いついたことを、どんどん言い合ってそれを付箋(ポストイット)に貼っていく。
 
それで出して出して出し尽くした後に、
そのアイデアを少しずつグループにまとめていきます。
 
そのいくつか、まとまったアイディアのグループから実際に詳細の商品化を考えていく訳です。
 
これを「アイデアの拡散と収束」といいます。
 
基礎的なのでご存知の方も多いかと思います。
 
  
これは普段、自分自身の頭を整理するためにもとても役立ちます。
 
まずは思いつくことを、なんでもかんでも出し尽くす。
 
その時は自分で否定など、「評価」はせずにとにかく思いつくままに出し尽くす。
 
そしてその後に
 
「要するに僕は何が欲しいんだろう・・・?」
「要するに私は何がしたかったんだう・・・?」
「要するにどうなりたかったんだろう・・・?」
 
そうやって書き出した、自分のメモをもとに 自分を客観的に見ていくと
 
自分が今、何を求めているか
自分が本当は何ができるか
それが見えてきたりします
  
これはグループや二人での会話でもできますが、最初から
「要するにあなたは何が言いたいの・・・?」って言われるとムッとする人も多いもしれないですね。。
 
とにかく話をするだけして最後に
「要するに私は…」
そうやって考えていくと頭が整理されてきます。
 
考えてばかりでも進みませんが、何かアウトプットしたり、行動をしたら一歩立ち止まって、振り返る。収束する。
 
ぜひ、一度やってみると自分が何を求めているか、より分かってきます♪
 
 
(写真は3年前のGWに行ったバンクーバーの様子。マラソンというチャレンジと海外という未知の場所に、ワクワク一杯でした☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …

難しいことをやさしく伝える

宇宙や光、相対性理論、量子力学について興味はあるけれど、難しくてよく分からない。   「はじめての○○学入門」を読んでも分からないから、「『○○学入門』入門」が欲しい!(ToT)   「感じる科学」は …

目的地への旅

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」 (スティーヴンソン:英国の小説家) 人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。 でも、人生という列車には「目的地」が分からず 乗っ …

今を生きる

『未来とは、今である』 (マーガレット・ミード) 「今を生きる」という名作映画がありました。 僕が大好きな俳優、 ロビン・ウィリアムズの名演が光る映画でした。 そこでの名言を少しご紹介します。 「今日 …

体験してみる

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。   その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。 …