自分軸を磨くために

体と会話する感覚

投稿日:2017年5月25日 更新日:

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが
 
社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、
 
運動をしなくなり、ついつい頭で考えて、悩んで、疲れて・・が増えていきました。
 
30代を過ぎてからスポーツを改めてするようになって、「やっぱりスポーツはいいな」「体動かすっていいな」って感じています。
 
登山、マラソン、フットサル、水泳、ロードバイク、カヌー、カヤック・・色々やりました。
  
定期的に運動していると、普通に生活をしていると気づきにくい「自分の体がどんな状態か」というのが分かってきます。
 
「今日はちょっと体が重たいな」とか
「ちょっと疲れてるな」とか
「今日はすごく軽くて調子がいいな」とか
 
運動してはじめて、体の状態を感じられることもよくあります。
 
運動で余計なものがデトックスされて、すごくスッキリする時もあったりします。
 
スポーツをある程度やっていくと、「ゾーン」に入るというか「夢中」になる瞬間が出てきます。
 
疲れを感じず、苦しさも感じず、心地よさを感じる。
疲れると言うより、むしろ元気になってくる感覚 
  
いくらでもできるんじゃないかって思えるような、没頭する感覚。
  
そんな時間を感じるときができてきます。
 
この感覚を覚えてから僕はやっぱり運動はやめられないなと感じています♪
 
運動はホルモンへの良い影響もあって、
 
体を若々しい状態に維持したり、ドーパミンやセロトニンを分泌して
 
心のスイッチを入れたり、ストレス解消や癒しの感覚もよく感じられます。
 
だからもし、頭がモヤモヤしたり、悶々としたり、悩みがあったりしたら 
 
一駅分をちょっと早歩きするだけでもいいので
 
ぜひ体を動かす機会を作ってみてください♪ 
 
そうやって、体と会話をしていくと、
心も元気になって、体も元気なっていく、そんな感覚が感じられてきます♪
 
お知らせ
■5/28(日)9時~朝ラン&ブランチ会(お台場)
https://goo.gl/8aXkV2
  
■6/3(土)15時~ラン&食事会(新宿御苑)
https://goo.gl/jckpx0
  
■6/11(日)13時〜自分らしく生きるための講座(新宿御苑)
https://goo.gl/3nD1tL
 
 
 
(写真は、先週末に行ったお台場近くにあるランステーションにて撮影。更衣室、シャワールームもとても綺麗で、とても良い施設でした☆ここは定期的に通います♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

「やろうと思っていても、なかなか始められない」 「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」 新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。 そんなときは 「新しい行動を増やそう」とするよりも 「普段 …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

自分の体で感じてみる

今日で4月も終わりなので近くの神社にお礼参りに行ってきました。   僕がお礼参りを始めてからもう2年が経ちます。   実際に手を合わせてお祈りする時間は数分間ですけれど、   その間に1ヶ月にあったこ …

対人関係のポイント

「多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない」(ピーター・ドラッカー) 僕は10年前は極度の人見知りでした。 友達と言えば、学生時代のサーク …

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …