自分軸を磨くために

体と会話する感覚

投稿日:2017年5月25日 更新日:

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが
 
社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、
 
運動をしなくなり、ついつい頭で考えて、悩んで、疲れて・・が増えていきました。
 
30代を過ぎてからスポーツを改めてするようになって、「やっぱりスポーツはいいな」「体動かすっていいな」って感じています。
 
登山、マラソン、フットサル、水泳、ロードバイク、カヌー、カヤック・・色々やりました。
  
定期的に運動していると、普通に生活をしていると気づきにくい「自分の体がどんな状態か」というのが分かってきます。
 
「今日はちょっと体が重たいな」とか
「ちょっと疲れてるな」とか
「今日はすごく軽くて調子がいいな」とか
 
運動してはじめて、体の状態を感じられることもよくあります。
 
運動で余計なものがデトックスされて、すごくスッキリする時もあったりします。
 
スポーツをある程度やっていくと、「ゾーン」に入るというか「夢中」になる瞬間が出てきます。
 
疲れを感じず、苦しさも感じず、心地よさを感じる。
疲れると言うより、むしろ元気になってくる感覚 
  
いくらでもできるんじゃないかって思えるような、没頭する感覚。
  
そんな時間を感じるときができてきます。
 
この感覚を覚えてから僕はやっぱり運動はやめられないなと感じています♪
 
運動はホルモンへの良い影響もあって、
 
体を若々しい状態に維持したり、ドーパミンやセロトニンを分泌して
 
心のスイッチを入れたり、ストレス解消や癒しの感覚もよく感じられます。
 
だからもし、頭がモヤモヤしたり、悶々としたり、悩みがあったりしたら 
 
一駅分をちょっと早歩きするだけでもいいので
 
ぜひ体を動かす機会を作ってみてください♪ 
 
そうやって、体と会話をしていくと、
心も元気になって、体も元気なっていく、そんな感覚が感じられてきます♪
 
お知らせ
■5/28(日)9時~朝ラン&ブランチ会(お台場)
https://goo.gl/8aXkV2
  
■6/3(土)15時~ラン&食事会(新宿御苑)
https://goo.gl/jckpx0
  
■6/11(日)13時〜自分らしく生きるための講座(新宿御苑)
https://goo.gl/3nD1tL
 
 
 
(写真は、先週末に行ったお台場近くにあるランステーションにて撮影。更衣室、シャワールームもとても綺麗で、とても良い施設でした☆ここは定期的に通います♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

三日坊主から抜け出す方法

「最初から多くのことを成し遂げようとして極端な努力をすると、たちまちのうちに全てを放棄することになる」 (チャーリー・チャップリン) 以前僕は、「何をやっても長続きしない」ことに悩んでいました。 いわ …

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

必要なこだわりと不要なこだわり

まわりから「こうすればいいのに」とアドバイスをされても、「僕にはそれはできない」「そんなことしたら大変なことになる」・・そうやってなかなか前に進めなかった以前の僕。   でも後で振り返ってみると、自分 …

人生を楽しむ心

「何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです」 (オードリー・ヘップバーン) もう何年も前、あるミリオネアの方と話をしたことがあります。 「自分はこれから何をしたいのか、分から …