自分軸を磨くために

スッキリした気持ちで過ごすために

投稿日:2017年3月11日 更新日:

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」
(スティーブ・ジョブズ)

僕は以前、予定が空いていたら、とにかく埋める癖がありました。
行動力がなく、惰性で過ごしていた頃の僕には
効果的な方法だったのですが、それもいつしか余計な事となり、
「ばっさり」やめました。

日頃の忙しさの中で生活をしていると
「やらなきゃいけないこと=To Do」
だらけになります。

「忙しくてやりたくても時間がない」
という話がよくあります。

その時に単に「足し算」でやろうとすると
無理がでてきて、続けにくくなる。

そんなときは、
自分の「To Do」を見直してみる。
「そもそも、これは何のためにやっているの?」
「これは本当にやる必要があるの?」
「この予定は行かないと問題があるの?」
よくよく見直してみると、そんなことが結構あります。

「もしやらなかったら、どんな問題があるの?」
「これは自分がやらなくてもいいのでは?」

それを考えていくと「To Do」を
かなり減らせることが分かってきます。

職場で「過去の踏襲」で続けている業務や行事が
「何のためにやっているのか?」
を担当者が理解していない。
ただ決まり事としてなんとなく続けている。
これも、よくあることです。。

使わないものばかり、山ほどバッグに入れて毎日外出するようなものです。
バッグには本当に要るものだけ入れて、軽くしておけばいいのに・・

「なんとなく」続けていることを、一度見直してみるといいかもしれません。
きっと、すっきりした気持ちで、新しい行動が起こしやすくなります♪

(写真は、2年前に年末年始に行ったカンボジア、アンコールワットでの初日の出。自分の常識を捨てて、初めて海外で年始を迎えました☆)

 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

湾岸の絶景を楽しむランニング

今日は、お台場で朝ラン&ブランチ会を開催しました。   急遽の開催にも関わらず、ランナーズマイスター資格をお持ちの米田進さんも来ていただき   お台場の景気を楽しみながら、ランニングをしました♪   …

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …

出会いのルーツをたどる

「人の運命は出会いで決まる事が多い。成功するか、失敗するかは、その出会いをどれだけ大事に出来るかであろう」(島村俊治:スポーツジャーナリスト) 僕は「マインドマップに書き留める」 のがあまり性に合わな …

とっさのときの反応

先ほど、新宿御苑近くを歩いていたら、突然、外国人の方に英語で道を聞かれました・・   とっさのことで、少しびっくりしましたが、自然に英語で説明している自分に気がつきました。   聞かれたのは、都庁の場 …