自分軸を磨くために

スッキリした気持ちで過ごすために

投稿日:2017年3月11日 更新日:

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」
(スティーブ・ジョブズ)

僕は以前、予定が空いていたら、とにかく埋める癖がありました。
行動力がなく、惰性で過ごしていた頃の僕には
効果的な方法だったのですが、それもいつしか余計な事となり、
「ばっさり」やめました。

日頃の忙しさの中で生活をしていると
「やらなきゃいけないこと=To Do」
だらけになります。

「忙しくてやりたくても時間がない」
という話がよくあります。

その時に単に「足し算」でやろうとすると
無理がでてきて、続けにくくなる。

そんなときは、
自分の「To Do」を見直してみる。
「そもそも、これは何のためにやっているの?」
「これは本当にやる必要があるの?」
「この予定は行かないと問題があるの?」
よくよく見直してみると、そんなことが結構あります。

「もしやらなかったら、どんな問題があるの?」
「これは自分がやらなくてもいいのでは?」

それを考えていくと「To Do」を
かなり減らせることが分かってきます。

職場で「過去の踏襲」で続けている業務や行事が
「何のためにやっているのか?」
を担当者が理解していない。
ただ決まり事としてなんとなく続けている。
これも、よくあることです。。

使わないものばかり、山ほどバッグに入れて毎日外出するようなものです。
バッグには本当に要るものだけ入れて、軽くしておけばいいのに・・

「なんとなく」続けていることを、一度見直してみるといいかもしれません。
きっと、すっきりした気持ちで、新しい行動が起こしやすくなります♪

(写真は、2年前に年末年始に行ったカンボジア、アンコールワットでの初日の出。自分の常識を捨てて、初めて海外で年始を迎えました☆)

 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

要するに・・・

営業企画、マーケティング職で10年以上仕事をしていた僕は、以前ある一般消費財の商品化に携わっていたことがあります。    新商品を開発するのはとても労力、時間のかかる仕事です。 その基本的な方法として …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

本気で遊ぶ

「年をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから年をとるのだ」 (バーナード・ショー:アイルランドの劇作家) 僕は過去10年で1,500人以上の方とお会いしてきました。 様々な職業や生き方をさ …