自分軸を磨くために

スッキリした気持ちで過ごすために

投稿日:2017年3月11日 更新日:

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」
(スティーブ・ジョブズ)

僕は以前、予定が空いていたら、とにかく埋める癖がありました。
行動力がなく、惰性で過ごしていた頃の僕には
効果的な方法だったのですが、それもいつしか余計な事となり、
「ばっさり」やめました。

日頃の忙しさの中で生活をしていると
「やらなきゃいけないこと=To Do」
だらけになります。

「忙しくてやりたくても時間がない」
という話がよくあります。

その時に単に「足し算」でやろうとすると
無理がでてきて、続けにくくなる。

そんなときは、
自分の「To Do」を見直してみる。
「そもそも、これは何のためにやっているの?」
「これは本当にやる必要があるの?」
「この予定は行かないと問題があるの?」
よくよく見直してみると、そんなことが結構あります。

「もしやらなかったら、どんな問題があるの?」
「これは自分がやらなくてもいいのでは?」

それを考えていくと「To Do」を
かなり減らせることが分かってきます。

職場で「過去の踏襲」で続けている業務や行事が
「何のためにやっているのか?」
を担当者が理解していない。
ただ決まり事としてなんとなく続けている。
これも、よくあることです。。

使わないものばかり、山ほどバッグに入れて毎日外出するようなものです。
バッグには本当に要るものだけ入れて、軽くしておけばいいのに・・

「なんとなく」続けていることを、一度見直してみるといいかもしれません。
きっと、すっきりした気持ちで、新しい行動が起こしやすくなります♪

(写真は、2年前に年末年始に行ったカンボジア、アンコールワットでの初日の出。自分の常識を捨てて、初めて海外で年始を迎えました☆)

 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

自分の選択を生かす

「いろいろ考えられる選択肢の中から『この一手』を選ぶのは自分しかいないわけです」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人) 僕は中学生の頃から将棋が好きで、10代の頃に勉強して初段の実力までになりました。 …

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

目的地への旅

「希望に満ちて旅行することは、目的地にたどり着くことより良いことである」 (スティーヴンソン:英国の小説家) 人が列車に乗る時は、必ず目的地がある。 でも、人生という列車には「目的地」が分からず 乗っ …