未来を変える方法 習慣化と継続力 自分軸を磨くために

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

投稿日:2018年2月11日 更新日:

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは

「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。
(⇨以後、総称として「常識」とします)

僕にとっての「常識」は
友達や家族には「常識」ではなかったり

違う業界で仕事をする人たちには
「常識」でなかったり

違う国に住む人たちには
「常識」でなかったりする。

これは意外と、大人になっても気づいていない人が多い。

NLPをベースとしたコーチングを学んで、
実際に自分自身と向き合っていく中で
そのことに僕はやっと気づくことができました。

親から学んだり、しつけられたことも多く影響している。

例えば、先日、父親に言われて気づいたのは
実家に帰省して、その後自宅に帰った時に

「昔は、無事に帰りましたと電話を入れるのが常識だった」
と言われました。

確かに、昔はしていたな・・と思いました。
最近は携帯やメールを使うことが日常で多くなり
そんなことは忘れていたけれど・・

単なる礼儀の問題だけではなく
「事故などもなく、無事に帰ったと伝えることは、
相手を安心させる”想いやり”でもある」

父にそう言われて、深く反省しました。

時代や環境が変わることで
「常識」は変わっていくけれど

自分の中の「常識」は
相手にとっては「非常識」かもしれないと
考えるゆとりと持つこと。

それが、お互いを”想いやる”
ことなんですね。

あなたには「常識」になっていて
もしかしたら、
周りの人には「非常識」なことがあるとしたら、それは何でしょうか?

それを考える時間を少し持つと
ふだん、何気なく過ごして見ている世界が
違った角度から見えてくるかもしれません。


(写真は、2年前実家に帰省した時に撮影したものです)

-未来を変える方法, 習慣化と継続力, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

絶対にゆずれないもの

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。   なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、 いざ物件を見に行ってみると、 …

相手の嫌いな所

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト:米国の詩人) 『相手の嫌いな所は、自分の嫌いな所』 僕は以前、これを知ったとき、「そんな馬鹿な!」とすぐには納得できません …

東京から7200kmの絶景

東京から7,223km離れた場所にあるサーファーズパラダイス。 地上77階からの景色です☆ Q1(キューワン)と言われるこのビルは、中層フロアはマンションになっていて、高層階だけ展望室とレストランがあ …

とっさのときの反応

先ほど、新宿御苑近くを歩いていたら、突然、外国人の方に英語で道を聞かれました・・   とっさのことで、少しびっくりしましたが、自然に英語で説明している自分に気がつきました。   聞かれたのは、都庁の場 …

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …