自分軸を磨くために

共通するものを見つける

投稿日:2017年5月11日 更新日:

僕は昔かなりの人見知りだったので、知らない人に会うとすごく緊張してしまって、何もしゃべれませんでした。
 
それでも、自分を変えたくて交流会などに参加するようになり、でも結局なかなかしゃべれずに溶け込めないまま終了する、そんな経験をしていました。
 
ある時、開き直って「僕はすごく人見知りなんです」と周りに話したら、「私もすごい人見知りなんです!」と言ってくれた人がいました。
 
それがきっかけでその人とは急に打ち解けることができました。
 
人見知りと伝えることで、仲良くなるなんて思ってもみませんでした。
 
 
人と急激に仲良くなったり、親近感が湧くようになるには「共通のもの」が見つかるといいと言います。
  
住んでいる場所、趣味、仕事、知識・・何でもいいけれど、共通なものを見つける。
 
ときには自分が弱みだと思ってることをちょっとさらけ出してみる。
 
そうすると意外と周りの人が、受け入れてくれてお互いに仲良くなることもあります。
 
肩肘はらずに、ありのままの自分を素直に伝えて、何かお互いの「共通」を探していく。
 
そうすると、今までちょっと気難しく感じていた関係が急にほぐれてくる。そんなことが増えてくるかもしれません♪
 
(写真は僕の好きな旅で出会った仲間達。
道頓堀のglico前、ベタですが仲間と一緒なら楽しめます♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

湾岸の絶景を楽しむランニング

今日は、お台場で朝ラン&ブランチ会を開催しました。   急遽の開催にも関わらず、ランナーズマイスター資格をお持ちの米田進さんも来ていただき   お台場の景気を楽しみながら、ランニングをしました♪   …

絶対にゆずれないもの

僕は過去、5回ほど引っ越しをしていますが、20代、30代のときはなかなか部屋選びが上手くできませんでした。   なんとなく家賃いくらで、これぐらいの広さでと考えていたら、 いざ物件を見に行ってみると、 …

ありがとうの力

「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。(松下幸之助)   僕は以前、人に何かを頼むのが苦手で、何でも自分でやろうとしていました。   …

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」 「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」   これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。   コーチングの講座では、受講生同 …