自分軸を磨くために

共通するものを見つける

投稿日:2017年5月11日 更新日:

僕は昔かなりの人見知りだったので、知らない人に会うとすごく緊張してしまって、何もしゃべれませんでした。
 
それでも、自分を変えたくて交流会などに参加するようになり、でも結局なかなかしゃべれずに溶け込めないまま終了する、そんな経験をしていました。
 
ある時、開き直って「僕はすごく人見知りなんです」と周りに話したら、「私もすごい人見知りなんです!」と言ってくれた人がいました。
 
それがきっかけでその人とは急に打ち解けることができました。
 
人見知りと伝えることで、仲良くなるなんて思ってもみませんでした。
 
 
人と急激に仲良くなったり、親近感が湧くようになるには「共通のもの」が見つかるといいと言います。
  
住んでいる場所、趣味、仕事、知識・・何でもいいけれど、共通なものを見つける。
 
ときには自分が弱みだと思ってることをちょっとさらけ出してみる。
 
そうすると意外と周りの人が、受け入れてくれてお互いに仲良くなることもあります。
 
肩肘はらずに、ありのままの自分を素直に伝えて、何かお互いの「共通」を探していく。
 
そうすると、今までちょっと気難しく感じていた関係が急にほぐれてくる。そんなことが増えてくるかもしれません♪
 
(写真は僕の好きな旅で出会った仲間達。
道頓堀のglico前、ベタですが仲間と一緒なら楽しめます♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

人間万事塞翁が馬

僕の父は70代半ばですが、鹿児島県生まれで、いわゆる亭主関白。そんな家庭で僕は育ちました。 いつも口数が少なくて、口を開いても厳しいことばかり。子供にとっては近寄りがたい存在でした。 父とはまともに人 …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …