自分軸を磨くために

できない理由を出し尽くす

投稿日:2017年5月29日 更新日:

「できない理由ばかり言うな」
「言い訳ばかりして!」
「どうすればできるかを考えなさい」
「できるできないより、やるかやらないか」
 
そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして捉えがちです。
 
でも、できない理由は、目標に向かって何をするかを考えるヒントになります。
 
「どんなことが起きたら、失敗に終わるだろう・・?」
それを、考えつくだけ、出し尽くしてみる。
 
例えば
「3か月後にフルマラソンを完走」
を目標にするなら
 
<達成できない理由>
○大会直前に体調を壊してしまった
○仕事が忙しくて練習ができなかった
○経験者のアドバイスを聞かなかった
○大会のコース条件を確認していなかった
○体重が想定より下がらなかった
○途中の栄養補給を軽視していた
○当日の気温を考慮していなかった
○当日の食事について考えていなかった
○10kmまでしか練習で走ったことがなかった
○ひざの痛みをケアする対策を怠った
○前半で飛ばし過ぎてバテた
・・・・
 
こうやって、想定される失敗する理由を書き出すことで
「そのために何をすればいいか」が明確になってきます。
 
最終的には、自分の意志、願望の強さが大切ではありますが
 
こうすることで、自分の頭の整理になりますので
ぜひ、一度試してみてください♪
 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今日はどんな一日でしたか・・?

「賢い人は、徹底的に楽天家である」 (アンドリュー・カーネギー:米国実業家、鉄鋼王) 「好き」なことが増えたら、毎日が楽しくなる。 そう言われても、日常生活でそんな楽しいことなんて・・・ 日々の生活に …

NLP、コーチングとは?僕が積極的におすすめする理由

「ここで学ぶスキルは、多くの人が歳を重ねていけば分かることなんです」 僕がNLP、コーチングを学んだときに言われたことです。 ひとつひとつ人生経験を積んでいけば、おおよそのことは分かってくる。 10代 …

自分軸を身につける講座第4回 セルフイメージの書換え

今日は「自分軸を身につけ、自分の人生を送る講座〜セルフイメージ・習慣の書換え」を開催いたしました!(^^) 各自が抱えている「自分」へのネガティブなイメージに対して、捉われから抜け出し、新しい自分の魅 …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

自分の欠点を受け入れる

「わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです」 (オードリー・ヘップバーン)   「ローマの休日」で知られる英国の名女優 …