自分軸を磨くために

できない理由を出し尽くす

投稿日:2017年5月29日 更新日:

「できない理由ばかり言うな」
「言い訳ばかりして!」
「どうすればできるかを考えなさい」
「できるできないより、やるかやらないか」
 
そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして捉えがちです。
 
でも、できない理由は、目標に向かって何をするかを考えるヒントになります。
 
「どんなことが起きたら、失敗に終わるだろう・・?」
それを、考えつくだけ、出し尽くしてみる。
 
例えば
「3か月後にフルマラソンを完走」
を目標にするなら
 
<達成できない理由>
○大会直前に体調を壊してしまった
○仕事が忙しくて練習ができなかった
○経験者のアドバイスを聞かなかった
○大会のコース条件を確認していなかった
○体重が想定より下がらなかった
○途中の栄養補給を軽視していた
○当日の気温を考慮していなかった
○当日の食事について考えていなかった
○10kmまでしか練習で走ったことがなかった
○ひざの痛みをケアする対策を怠った
○前半で飛ばし過ぎてバテた
・・・・
 
こうやって、想定される失敗する理由を書き出すことで
「そのために何をすればいいか」が明確になってきます。
 
最終的には、自分の意志、願望の強さが大切ではありますが
 
こうすることで、自分の頭の整理になりますので
ぜひ、一度試してみてください♪
 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …

相手にどう分かってもらうか

「相手を説得する場合、激しい言葉をつかってはならぬ。結局は恨まれるだけで物事が成就できない」 (坂本龍馬) 人に何かをしてもらいたい、成長してもらいたい時は 説得するよりも、教えるよりも、気づいてもら …

ワクワクする人生はどう生み出すか

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」 (ウィリアム・ジェームズ) 僕は10年以上前、20代の頃はとにかくダメダメな私生活を送っていました。「人生 …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

やる気と集中力を上げるために

最近、ノマド生活者が増えて、どこのカフェに行っても人で一杯・・ 作業に集中したいのに、場所がない・・ だったら、どこでもカフェ気分になれる方法を考えよう!   ・・ということで カフェ気分で集中できる …