自分軸を磨くために

できない理由を出し尽くす

投稿日:2017年5月29日 更新日:

「できない理由ばかり言うな」
「言い訳ばかりして!」
「どうすればできるかを考えなさい」
「できるできないより、やるかやらないか」
 
そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして捉えがちです。
 
でも、できない理由は、目標に向かって何をするかを考えるヒントになります。
 
「どんなことが起きたら、失敗に終わるだろう・・?」
それを、考えつくだけ、出し尽くしてみる。
 
例えば
「3か月後にフルマラソンを完走」
を目標にするなら
 
<達成できない理由>
○大会直前に体調を壊してしまった
○仕事が忙しくて練習ができなかった
○経験者のアドバイスを聞かなかった
○大会のコース条件を確認していなかった
○体重が想定より下がらなかった
○途中の栄養補給を軽視していた
○当日の気温を考慮していなかった
○当日の食事について考えていなかった
○10kmまでしか練習で走ったことがなかった
○ひざの痛みをケアする対策を怠った
○前半で飛ばし過ぎてバテた
・・・・
 
こうやって、想定される失敗する理由を書き出すことで
「そのために何をすればいいか」が明確になってきます。
 
最終的には、自分の意志、願望の強さが大切ではありますが
 
こうすることで、自分の頭の整理になりますので
ぜひ、一度試してみてください♪
 

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

心に響く音楽の力

何かをやろうと思っても、なかなかやる気がおきない。 始めてもなかなか集中力が続かない、気分が上がらない・・・   そんな時は、音楽をうまく取り入れて、モチベーション管理を行う方法があります。   例え …

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …

自然の偉大さを知る

「人生はいたって単純。競争なんて本当は存在しないし、勝たなきゃいけないレースもない」 (スーザン・サマーズ:米国の女優、作家) 僕は以前、人間関係や仕事、趣味など色々なことに頑張りすぎて、 自分の気持 …

信頼する人は誰か

「良い選手がいるから良いチームを持つわけじゃない。エゴイズム、嫉妬、個人主義といったものが良いチームを形成する際の問題となる。素晴らしい選手を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も …