自分軸を磨くために

感情の扱い方

投稿日:2017年4月15日 更新日:

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は
「あなたが、無意識に選んでいる」
そして
「意識的に、その感情を変えることができる」
というのはご存知でしょうか?

僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて
考えた事もありませんでした。
心理学のメソッドを使うと、それができるようになります。

自動車教習所で習う「かもしれない運転」
をご存知の方は多いかと思います。

「多分、大丈夫だろう」と自分に都合よく考えて、一方的に安全だと思い込み運転することを「だろう運転」と言います。

これが思わぬ事故につながる事例が多いのです。
「人が出てくるかもしれない」
「前の車が急に止まるかもしれない」
など自分が置かれている状況から、

その先のあらゆる「~かもしれない」を考えて運転することが「かもしれない運転」です。

この事例は「人は思い込みしやすい」ことを伝えています。

運転だけに限らず、日常でもこういったことをやりがちです。
「あの人があんな風に言ったのは、私を嫌っているからに違いない」
「あの態度は、あいつは絶対に俺をバカにしている」

そうやって、自分で勝手に決めつけて、
解釈してしまうことがあります。

人の仕草や振る舞いを見て、
反応してしまうことがあります。

だから、つい誰かの発言や行動に対して
「◯◯に違いない」という想いが湧いたときは
「今日は体調が悪いのかもしれない」
「家庭で何かトラブルがあったのかもしれない」

というような、自分が直感で思ったこと以外の
「◯◯かもしれない」を考えてみる

そうすると、
反射的にイラっとして怒りそうになったり
落ち込んでしまったり、心配になったことが、
「思い込み」「勘違いかもしれない」ことに気づくきっかけになる。

気づくことで、違う気持ちに変わる。
もしあなたが、まわりの人の発言や行動に反応してしまったときに

「◯◯かもしれない」
一歩立ち止まって考えてみると、新しい発見があるかもしれません

(写真は、先日銀座で撮ったNISSANの展示車。ワクワクするときこそ、思い込みによる事故には気を付けたいものです☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分の選択を生かす

「いろいろ考えられる選択肢の中から『この一手』を選ぶのは自分しかいないわけです」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人) 僕は中学生の頃から将棋が好きで、10代の頃に勉強して初段の実力までになりました。 …

自分のために、やりたいことをやる

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」 (魔裟斗:キックボクシング選手) 僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけ …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

人生を大きく変えるために大切なこと

今日は、広尾の人気カフェで「自分軸を身につけ、自分の人生を生きる」講座のシェア会を開催しました(*^O^*) 講座を受け始めてから半年で、実感している変化をシェアし合い「日常の小さな意識の変化が、大き …

ネガティブな感情との付き合い方

「すべてをポジティブに捉える必要はありません。落ち込むときはとことん落ち込めばいいし、気持ちが下がるところまで下がったらあとは上がるだけなので、もがいて、苦しんだほうが壁を乗り越えられるはずです。自分 …