自分軸を磨くために

感情の扱い方

投稿日:2017年4月15日 更新日:

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は
「あなたが、無意識に選んでいる」
そして
「意識的に、その感情を変えることができる」
というのはご存知でしょうか?

僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて
考えた事もありませんでした。
心理学のメソッドを使うと、それができるようになります。

自動車教習所で習う「かもしれない運転」
をご存知の方は多いかと思います。

「多分、大丈夫だろう」と自分に都合よく考えて、一方的に安全だと思い込み運転することを「だろう運転」と言います。

これが思わぬ事故につながる事例が多いのです。
「人が出てくるかもしれない」
「前の車が急に止まるかもしれない」
など自分が置かれている状況から、

その先のあらゆる「~かもしれない」を考えて運転することが「かもしれない運転」です。

この事例は「人は思い込みしやすい」ことを伝えています。

運転だけに限らず、日常でもこういったことをやりがちです。
「あの人があんな風に言ったのは、私を嫌っているからに違いない」
「あの態度は、あいつは絶対に俺をバカにしている」

そうやって、自分で勝手に決めつけて、
解釈してしまうことがあります。

人の仕草や振る舞いを見て、
反応してしまうことがあります。

だから、つい誰かの発言や行動に対して
「◯◯に違いない」という想いが湧いたときは
「今日は体調が悪いのかもしれない」
「家庭で何かトラブルがあったのかもしれない」

というような、自分が直感で思ったこと以外の
「◯◯かもしれない」を考えてみる

そうすると、
反射的にイラっとして怒りそうになったり
落ち込んでしまったり、心配になったことが、
「思い込み」「勘違いかもしれない」ことに気づくきっかけになる。

気づくことで、違う気持ちに変わる。
もしあなたが、まわりの人の発言や行動に反応してしまったときに

「◯◯かもしれない」
一歩立ち止まって考えてみると、新しい発見があるかもしれません

(写真は、先日銀座で撮ったNISSANの展示車。ワクワクするときこそ、思い込みによる事故には気を付けたいものです☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

信頼する人は誰か

「良い選手がいるから良いチームを持つわけじゃない。エゴイズム、嫉妬、個人主義といったものが良いチームを形成する際の問題となる。素晴らしい選手を持つ意味合いは熟知しているが、私にはチームスピリットが最も …

大人になってからが・・

僕は子供の頃、夢がありませんでした。   勉強、運動、何をやっても中途半端。   そんな自分に劣等感を持っていて、10代で人生を諦めていました。   親世代を見ていて、苦しく働いている姿を見て、   …

あなたの才能と特性

「今あなたが持っているものに感謝すれば、もっと多くのものを手にすることができるでしょう。もし、あなたが持っていないものを気にしすぎたら、決して満足は得られないわ」(オプラ・ウィンフリー) オプラ・ウィ …

ニュートラル

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・ そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。 そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。   そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ …

たった数時間で、セルフイメージが変わる

自分の意見をはっきり言えない・・ 自信がなくて、なかなか新しいことにチャレンジできない・・ ちょっとしたミスで自分を責めて、落ち込みやすい・・ 自分は何がやりたいのか分からなくなった・・    これに …