自分軸を磨くために

感情の扱い方

投稿日:2017年4月15日 更新日:

怒り、悲しみ、楽しい、嬉しいなどの感情は
「あなたが、無意識に選んでいる」
そして
「意識的に、その感情を変えることができる」
というのはご存知でしょうか?

僕も以前は、自分の「感情」を変えるなんて
考えた事もありませんでした。
心理学のメソッドを使うと、それができるようになります。

自動車教習所で習う「かもしれない運転」
をご存知の方は多いかと思います。

「多分、大丈夫だろう」と自分に都合よく考えて、一方的に安全だと思い込み運転することを「だろう運転」と言います。

これが思わぬ事故につながる事例が多いのです。
「人が出てくるかもしれない」
「前の車が急に止まるかもしれない」
など自分が置かれている状況から、

その先のあらゆる「~かもしれない」を考えて運転することが「かもしれない運転」です。

この事例は「人は思い込みしやすい」ことを伝えています。

運転だけに限らず、日常でもこういったことをやりがちです。
「あの人があんな風に言ったのは、私を嫌っているからに違いない」
「あの態度は、あいつは絶対に俺をバカにしている」

そうやって、自分で勝手に決めつけて、
解釈してしまうことがあります。

人の仕草や振る舞いを見て、
反応してしまうことがあります。

だから、つい誰かの発言や行動に対して
「◯◯に違いない」という想いが湧いたときは
「今日は体調が悪いのかもしれない」
「家庭で何かトラブルがあったのかもしれない」

というような、自分が直感で思ったこと以外の
「◯◯かもしれない」を考えてみる

そうすると、
反射的にイラっとして怒りそうになったり
落ち込んでしまったり、心配になったことが、
「思い込み」「勘違いかもしれない」ことに気づくきっかけになる。

気づくことで、違う気持ちに変わる。
もしあなたが、まわりの人の発言や行動に反応してしまったときに

「◯◯かもしれない」
一歩立ち止まって考えてみると、新しい発見があるかもしれません

(写真は、先日銀座で撮ったNISSANの展示車。ワクワクするときこそ、思い込みによる事故には気を付けたいものです☆)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴキゲンな自分になる

「人の機嫌をとる」という言葉があります。 身近な家族や同僚、友達が 「不機嫌」や「ご機嫌が斜め」のとき その人をなだめたり、元気づけたり、笑わせたり ご機嫌をあげていく工夫をするかと思います。 「不機 …

要するに・・・

営業企画、マーケティング職で10年以上仕事をしていた僕は、以前ある一般消費財の商品化に携わっていたことがあります。    新商品を開発するのはとても労力、時間のかかる仕事です。 その基本的な方法として …

ワクワクする人生はどう生み出すか

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」 (ウィリアム・ジェームズ) 僕は10年以上前、20代の頃はとにかくダメダメな私生活を送っていました。「人生 …

セルフイメージを変え、良い習慣を身につける講座

・少しのことですぐに落ち込む ・自信がなくて行動できない ・セルフイメージが低い ・物事を習慣化するのが苦手    これに少しでも思い当たる部分がある方は ぜひこの講座にお越しください。   カウンセ …

身体で感じる喜び

It’s never too late to be who you might have been. 「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない」(ジョージ・エリオット) 僕は30代の頃、よ …