未来を変える方法 習慣化と継続力 自分軸を磨くために

「常識」とは何か〜Everyone Knows?〜

投稿日:2018年2月13日 更新日:

僕が昨年、オーストラリアのゴールドコーストに訪れた時

電車やバスの中で、携帯電話で会話する人を何度も見かけました。

最初は、ちょっと違和感を感じたんですが

何の悪びれもせず会話する人を何度も見かけて

「オーストラリアでは制限されていないんだ」
と気付きました。

日本では、電車やバスの中で携帯で会話をすると

不機嫌な顔で周りから見られて
「悪いことをしている」感覚になります。

怒り出し、注意する人も見かけたことがあります。

確かに、
電車のなかで友達と会話するのと
携帯電話で友達と会話するのとでは
何が違うのでしょう?

なぜ、携帯電話での会話がいけないのでしょうか。

実際は
「通話中に電波が途切れる可能性があり、保証はできない」
「日本は電車の混雑がすごくて、近くの人に迷惑になりやすい」
「通話状態が悪いとついつい大声になってしまう」

などなど、理由はあるようです。
(日本でも禁止ではなく、「ご遠慮下さい」というニュアンスになっています)

しかし、ここで僕が改めて感じたのは
「ルールだから」
「規則だから」
「常識だから」

といった感覚は、その世界では通用するけど
理由もわからずに「反応」してしまうことがある・・・ということです。

違う環境(違う地域や国)に
行ってみると、

「常識」って何だろう??

と感じる場面がたくさんあります。

お互いに生活しやすくするためには
「常識」を共有するのも大切ですが

凝り固まった「常識」を感じるには
「今とは違う世界に行ってみる」
「ふだんと違う世界に住んでいる人と知り合う」

それが一番の近道であり
「身をもって体験することに勝るものなし」
だと感じています。

(写真はオーストラリア、ゴールドコースト市街地の”トラム”と言われる路面電車)

-未来を変える方法, 習慣化と継続力, 自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

心のストレッチ

僕はスポーツで何度も肉離れなどの怪我をしてきました。 準備運動やストレッチの大切さを軽視してきたからです。 トライアスロンやマラソン、サッカーなどのスポーツマンの話を聴くと、皆きっちりと勉強してメンテ …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

ありがとう日記をつける

「ありがとう日記をつけるといいわ。毎晩、あなたが感謝したことを5つ、リストアップするの。そうすれば、毎日に対する、そして人生に対する、あなたの見方が変わり始める」 (オプラ・ウィンフリー)   僕は8 …

すぐやる

これは僕が、ある成功者から教えてもらったことです。   いろいろなアドバイスや良い情報をもらって 「ありがとうございます」「やってみます」と言っておいて、なかなかやらない人が多い。   そんな話を聞き …

人生を大きく変えるために大切なこと

今日は、広尾の人気カフェで「自分軸を身につけ、自分の人生を生きる」講座のシェア会を開催しました(*^O^*) 講座を受け始めてから半年で、実感している変化をシェアし合い「日常の小さな意識の変化が、大き …