自分軸を磨くために

ワクワクする人生はどう生み出すか

投稿日:2017年3月18日 更新日:

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」
(ウィリアム・ジェームズ)

僕は10年以上前、20代の頃はとにかくダメダメな私生活を送っていました。「人生」とか「将来」なんて考えていませんでした。

仕事は頑張りましたが、仕事以外には無頓着でした。
帰宅後はテレビを見ながら晩酌をして、寝るのは深夜2時過ぎ。
朝は寝坊気味に起きて、急いで支度をして電車に乗る。

休日は昼まで寝て、起きてもゴロゴロして過ごす。
テレビや映画を見るのが週末の楽しみ。

たまに外出しても、友達と朝まで飲んで、翌日は夕方まで寝る・・
部屋の掃除もしないで散らかしっ放し。
実家住まいだったので、料理、洗濯も何もしない・・

とにかく「惰性」で過ごしていました。

そんな僕でしたが年齢も30を過ぎ、独り暮らしをしてから、このままではいけないと思いました。

「このままの人生では後悔する」
「ワクワクする人生を送りたい」

そう考えて、日常を変えていきました。

そして、学びや体験を通じて、
ワクワクは主体的に作れることを知りました。

人見知りな性格でも、出会いと発見を作り出す。
未知との体験を自ら主体的に求めていく。
そんな生活を意識的に取り入れていきました。

そして気がつけば、
いつもやりたいことをしている
目的意識を持って毎日を過ごしている
そんな自分になっていました。

「ワクワクを大切に生きる」とよく聴きます。
ワクワクは英語では
「Exciting=興奮している」
「can’t wait=待ちきれない」
という言い方で表されるそうです。

ワクワクは、どう生まれるかを考えると、
基本的には「未知」「非日常」を体験する。

言い換えるなら「変化」「成長」の中にある
でも、人は本能として「現状維持」を望みます。

無意識のうちに「昨日と同じ今日、今日と同じ明日」
を過ごしてしまいます。

「最近、ワクワクすることが少ないな」と感じたら
「現状維持の日常が多いな」と感じたら
”好奇心”を駆り立て、
”変化”を自分から求める事が大切になります。
「冒険をする、刺激的な体験をしていく」
それもとてもいいと思います。

でも、そんな大胆なことをしなくても
日常でも「好奇心」を広げていくことはできます。

例えば
「入ったことがないお店に足を踏み入れる」
「いつもと違う商品、メニューにしてみる」
「普段選ばない色の服を買う」
「たまには人の誘いに乗ってみる」
そうやって、慣れ過ぎてしまった日常から
「変化」を起こしていく。

最初は、違和感を感じるかもしれないですが
そうやって日常から「変化」を楽しむ心を育てていく。

それを繰り返していくと
何か新しいことへ向かっていく
ムズムズするような
ワクワクする気持ちが増えていきます。

まずは「行きつけの場所」から、
「行ったことがない場所」へ行ってみる
思わぬ出逢いが待っているかもしれません。

気づけば3月も下旬、春ももうそこまで来ています♪
季節の「変化」に合わせて、日々の活動も「変化」してみませんか?
新しい場所に踏み込んでみませんか?

(写真は昨年訪れたフランス、ニースの様子。日本にはない色使いの建物と絶景に心が躍りました♪)

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】
第二回 4月16日(日)13:00ー17:00 限定8名
https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl
難しい理論よりも、参加者同士でシェアし合い、日常で使える実践的な方法を学ぶことを重視しています。
毎回独立した完結型の講座ですので、ぜひ一度ご参加ください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あなたの才能と特性

「今あなたが持っているものに感謝すれば、もっと多くのものを手にすることができるでしょう。もし、あなたが持っていないものを気にしすぎたら、決して満足は得られないわ」(オプラ・ウィンフリー) オプラ・ウィ …

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …

目標にたどり着くために

「我々の計画というのは、目標が定かでないから失敗に終わるのだ。どの港へ向かうのかを知らぬ者にとっては、いかなる風も順風たり得ない」 (セネカ:古代ローマの政治家、哲学者) 僕はかなりの方向音痴です。 …

勘違いしがちな「常識」〜Common Sense〜

僕が昔、悩んだり傷つきやすかったのは 「常識」「当たり前」「当然」「普通」を勘違いしていたから。 (⇨以後、総称として「常識」とします) 僕にとっての「常識」は 友達や家族には「常識」ではなかったり …

あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい

「あなたと全く違うタイプの人とあえて話しなさい」 「あなたが一番、嫌だなと感じる人と話しなさい」   これは僕が5年前にコーチングを学んだ時に、教えられたことです。   コーチングの講座では、受講生同 …