自分軸を磨くために

体験してみる

投稿日:2017年5月21日 更新日:

僕は以前、自分のやりたいことが分からなくなって、自分に本当に合った職業って何だろうと思い悩んでいたことがありました。
 
その時にあるサイトを発見して1日スポーツトレーナーになる体験をしてみました。
(仕事旅行社:https://www.shigoto-ryokou.com/all)
 
1日スポーツトレーナーの仕事を見学し、一緒にやらせていただいたりして、こんな仕事もあるんだな、と感じたのを覚えています。
  
僕は昔から犬が大好きだったので、筑波にある「ワンワンランド」に行ってみたら、周りは子供連れの家族ばかりで、すごく肩身の狭い思いをしたこともありました。。
  
今の時代は、たくさんのサービスがインターネットを調べるだけで、見つけることができて体験や出会いの場所はたくさん用意されている。
  
だから、まず「体で体験してみる」ことをしてみると
 
今までの自分が想像していなかった違う世界が見えてきます。
  
僕は昔から、調べて実際に現場に行く、体験してみる、やってみる、それが好きでした。
 
だから僕は自分の経験を通じてしか、人に伝えることができないし、
  
これからも自分の体で、心で、感じたこと、その結果得たことをお伝えしていきます。
  
難しい理論や知識、メソッドをオリジナルで作るよりも、シンプルで分かりやすく、実践的なことをお伝えする。
それを心がけてこれからも進めていきます♪
 
 
(写真は以前訪れた、静岡県の動物園にて♪)
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】6月11日(日)13:00-17:00 限定8名
 
お申込みはこちらからお願いいたします:
https://www.facebook.com/events/294839840938041/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

才能を開花させるために

「100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、99回まで来ていても途中であきらめてしまう」 (松岡修造:プロテニス選手) 僕は以前、ある人気コーチの方にお聞きした …

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

人生を変えるために大切なこと

「一歩踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる」 (トッド・スキナー:フリークライマー) 今日は3月5日に第1回を開催した講座に ご参加頂いた方とのシェア会でした。 シェア会のコンセプトは 「非日常の空間 …

必要なこだわりと不要なこだわり

まわりから「こうすればいいのに」とアドバイスをされても、「僕にはそれはできない」「そんなことしたら大変なことになる」・・そうやってなかなか前に進めなかった以前の僕。   でも後で振り返ってみると、自分 …