自分軸を磨くために

ニュートラル

投稿日:2017年5月13日 更新日:

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・
そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。
そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。
 
そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ果ててしまったことがありました。
 
そんな経験をしてから、僕は1日10分でも少し心を落ち着けて、心をリセットするようになりました。
そんな時間を持つようになってから体と心の状態がとても穏やかになりました。
 
もちろん体の疲れもありますが、多くの疲れは心の疲れから来ることの方が多いと思います。
 
だから忙しい時、疲れている時こそ、あえてゆっくりとした時間を持つ。
自分の落ち着かない心を穏やかにする時間を持つことが大切です。
 
例えば・・
朝起きて外の空気を吸って5分だけ散歩する
目をつぶって呼吸を意識しながら5分だけ瞑想をする
食事の時間をしっかりとって、ゆっくり味わって食べる
お昼間に10分だけ昼寝をする
夜はお風呂にゆったりつかってほっこりする
睡眠前はテレビをつけずに、静かな時間を過ごす
 
10分でもいいからそういった時間をとる。
そうすると、心が自然と穏やかになり、偏りかかった心が「ニュートラル」に戻る。
 
最近の自動車はオートマがほとんどになりましたが、以前はマニュアル車が普通でした。
マニュアル車は加速していくときに、シフトチェンジをします。
 
一速、二速、三速とシフトを上げていくときに、毎回必ず真ん中の「ニュートラル」を通過します。
 
加速をする前にまずニュートラル。そこを通過してまた加速する。
オートマ車も自動的にこの動作を繰り返しています。
  
人の体も心も一緒。何か次のアクションにシフトチェンジをする時は意識的に一度「ニュートラル」にする。
 
忙しい毎日を過ごしている時こそ、「ニュートラルになる時間」を意識して過ごしてみて下さい。
  
そうすると心がすっきりとして、次のアクションに進みやすくなります♪
 
(写真は10年以上前に乗っていた車と、その後レンタカーで乗った車のコックピット。以前はシフトチェンジが好きで、あえてマニュアル車に乗っていました☆)
 
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
あなたのやる気と才能を引き出す
インスパイアコーチ 福元政隆 
プロフィール:
http://max7masata.com/sample-page/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …

ながら聴きを活用する

この本はいいと思って買ったはいいけれど、結局最後まで読みきれずに、「積ん読」状態になっている。 気がついたらそんな本が何冊も・・・   そんなことを解消するひとつの方法として、僕はオーディオブックを活 …

自分を好きになって、自分らしく生きる

「藁(わら)にもすがる想い」 この言葉を心の底から感じた時期が、僕にはありました。 10年ほど前、僕が転職をしたとき、 新しい職場の環境になじめず 仲間に入れてもらえず、強烈な孤独を感じました。 「こ …

夢の叶え方講座

昨日は「自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る講座」の第三回を開催致しました。   今回のテーマは「夢の叶え方」   10代、20代の頃夢も持たず、人生を諦めていた僕が、どうして夢を持つようにな …

小さな目標

「まずは小さな目標からだ。あまりに遠い道のりに気が滅入りそうになるたびに、自分にそう言い聞かせた。まずは小さな目標からだと」 (モニカ・セレシュ:テニスプレーヤー) 僕は子供の頃は「夢」がありませんで …