自分軸を磨くために

ニュートラル

投稿日:2017年5月13日 更新日:

毎日が忙しくて、やることがたくさんあって息つく暇もない・・
そのまま疲れ果てて夜は倒れ込むように寝る。
そして朝はギリギリに起きて大急ぎで出発する。
 
そんな生活ばかりしていた、昔の僕は身も心も疲れ果ててしまったことがありました。
 
そんな経験をしてから、僕は1日10分でも少し心を落ち着けて、心をリセットするようになりました。
そんな時間を持つようになってから体と心の状態がとても穏やかになりました。
 
もちろん体の疲れもありますが、多くの疲れは心の疲れから来ることの方が多いと思います。
 
だから忙しい時、疲れている時こそ、あえてゆっくりとした時間を持つ。
自分の落ち着かない心を穏やかにする時間を持つことが大切です。
 
例えば・・
朝起きて外の空気を吸って5分だけ散歩する
目をつぶって呼吸を意識しながら5分だけ瞑想をする
食事の時間をしっかりとって、ゆっくり味わって食べる
お昼間に10分だけ昼寝をする
夜はお風呂にゆったりつかってほっこりする
睡眠前はテレビをつけずに、静かな時間を過ごす
 
10分でもいいからそういった時間をとる。
そうすると、心が自然と穏やかになり、偏りかかった心が「ニュートラル」に戻る。
 
最近の自動車はオートマがほとんどになりましたが、以前はマニュアル車が普通でした。
マニュアル車は加速していくときに、シフトチェンジをします。
 
一速、二速、三速とシフトを上げていくときに、毎回必ず真ん中の「ニュートラル」を通過します。
 
加速をする前にまずニュートラル。そこを通過してまた加速する。
オートマ車も自動的にこの動作を繰り返しています。
  
人の体も心も一緒。何か次のアクションにシフトチェンジをする時は意識的に一度「ニュートラル」にする。
 
忙しい毎日を過ごしている時こそ、「ニュートラルになる時間」を意識して過ごしてみて下さい。
  
そうすると心がすっきりとして、次のアクションに進みやすくなります♪
 
(写真は10年以上前に乗っていた車と、その後レンタカーで乗った車のコックピット。以前はシフトチェンジが好きで、あえてマニュアル車に乗っていました☆)
 
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆
あなたのやる気と才能を引き出す
インスパイアコーチ 福元政隆 
プロフィール:
http://max7masata.com/sample-page/
☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

ワクワクする人生はどう生み出すか

「幸福な人生を阻む大敵は外にあるのではなく、内にある。すなわち、あなたの心の中に潜んでいる」 (ウィリアム・ジェームズ) 僕は10年以上前、20代の頃はとにかくダメダメな私生活を送っていました。「人生 …

頭が凝り固まったときは

「いやな感情で頭がいっぱいのとき、何も考えないで窓をみがいたり、スポーツに熱中したり、好きな食べ物を食べたり、肉体労働をしたりしてごらんなさい。頭の中がすっきりしてきます」(ジョセフ・マーフィー)   …

人生を生きやすくするためのメソッド

「人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。」(ショーン・エイカー:心理学者) 最近は、雨続きでせっかくの連休もがっかり。 そんか気持ちになる人も多いかもしれません。 「今日は天気が悪い …

できない理由を出し尽くす

「できない理由ばかり言うな」 「言い訳ばかりして!」 「どうすればできるかを考えなさい」 「できるできないより、やるかやらないか」   そんな話をよく耳にするので、「できない理由」は良くないこととして …