自分軸を磨くために

自分のために、やりたいことをやる

投稿日:2017年4月1日 更新日:

「闘うのはあくまで自分のため、家族のためです。会社員の方だって同じじゃないですか。会社のために働けなんていわれても力が出ないでしょう」
(魔裟斗:キックボクシング選手)

僕は以前、「楽しむ=遊ぶ=いけないこと」
という想いが心の奥にありました。

仕事を頑張らなければ、遊んではいけない。
何かを達成したり、実績を上げてから
ご褒美に遊ぶものだ、と。

そして、「人に役に立つ」
「人に価値あるものを提供する」
ことにばかり捕われて
苦しんでいる自分がいました。

その後、あるミリオネアの方に
「純粋に楽しむ」大切さを教わり、

フルマラソンやトライアスロンなど、
「一生で一度はやってみたい」ことを
「先に」やることにしました。

「こんなことをしても誰の役に立つ訳でもないし・・」

「こんなことをしていていいのだろうか・・」

そんな想いを感じながらも、
昔から「無理だと思っていた」けれど
「いつかはやりたい」
と思っていたこと
にチャレンジしました。

時間もお金も体力も、
すべてが「足りない」と思っていたけれど
やると決めたら、何とかなりました。

そして、「自分のため」にやることを、
まわりの人に伝えることで
思わぬ影響を与えることを知りました。

僕の行動に刺激を受けて、
新しいチャレンジをした方もいました。

「僕の話を聴きたいという」方もいました。

僕の練習する姿にいつも応援メッセージをくださる方もいました。

そうやって自分の「夢」に向かって、
自分勝手に進むことが、
まわりの人に影響を与えて
良い刺激を与えることもある。

「人の役に立つ」のは直接的に
相手に何かをすることだけではない。

「自分のため」に真っすぐに進むことだって、
時には大きな力となる。

無理をして、苦しそうに、
人のためになろうとするより
自分のために、純粋に好きなこと、
やりたいこと、楽しいことをやった方が
めぐりめぐって「人のためになる」
ことだってある。

めぐりめぐって「自分が欲しかったもの」
が手に入ることだってある。
そんなことを経験しました。

だからもし、今、あなたが
「やらなきゃ」という苦しい想いだけで
何かに向かって行こうとしているなら、

原点に立ち返って
純粋に「自分のやりたいこと」
を先にやってみるといいかもしれません。

誰のためでもなく、得するためでもなく
「あなたが想像するだけでワクワクすることは何ですか?」

(写真は昨年、初のトライアスロン完走後に開いていただいた報告会にて。沢山の方の温かさを実感しました☆)

************************************************
【自分軸を身につけキラキラした自分の人生を送る】講座
第二回~感情・無意識編~ 4月16日(日)13:00ー17:00
https://www.facebook.com/events/662123537304473/?ti=cl 
0期生の今だけ特別価格にてご案内中!
毎回独立した完結型ですので、この機会にぜひお申し込みください。
************************************************

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不得意なことに財産がある

「遠回りしながらも、もがいて身につけたものの方が、簡単に得たものよりも後々まで役立ちます」 (羽生善治:将棋棋士、十九世名人)   誰でも苦手なこと、不得意なことがあり、それに悩んだこともあるかと思い …

体と会話する感覚

僕は、中学・高校はサッカー、大学ではアウトドアの部活に所属していたので、もともと運動は好きだったのですが   社会人になってからは、朝から晩まで働いて、休日も仕事が増えていき、   運動をしなくなり、 …

問題をすり抜ける

僕は以前、なにか問題が起こるたびに、その問題を一つ一つクリアをしなければ次に進めない、そのように考えていました。   でもある方に教えていただきました。   「問題は全て解決する必要はない」 次のステ …

ポジティブ(幸せ)な感情を増やすメリットとは?

「やろうと思っていても、なかなか始められない」 「やり始めたけれど、すぐやめてしまった」 新しい習慣を始めるときに、よくそんな話を聞きます。 そんなときは 「新しい行動を増やそう」とするよりも 「普段 …

相手を否定せずに意見を伝える

「相手は間違っているかもしれないが、彼自身は自分が間違っているとは決して思っていない。だから、相手を非難しても始まらない」 (デール・カーネギー:米国の作家) 人との会話において、相手との意見が合わな …