自分軸を磨くために

人は過去を忘れる生き物、だから・・

投稿日:2017年4月25日 更新日:

「やってられないよ」と思ったとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみてください。
「頑張ってる私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?
(松岡修造:テニスプレーヤー)

 
「僕は何も誇れるものがなくて・・」
以前、僕はそんな相談を友達にしたことがありました。
  
コーチングを共に学んでいた彼は、僕にこんなことを聴きました。
「この1年間で自分がやったことは何だった?」
「そのやったことで“自分が得たもの”は何だった?」
  
そして、その「得たもの」を
紙に書き出してくれました。
 
そこに出てきた項目は
「自信」
「たくさんの友達」
「信頼できる仲間」
「毎日の幸せ感」
「新しい資格」
「高い評価、報酬」
「信頼できる同僚」
「健康な身体」
・・・・
他にもたくさん出てきました。
 
一通り書き出した後に、彼がその紙を僕に見せて
 
「1年間でこれを獲得した人ってどう思う?」
 
と聞かれたとき、僕はハッとして、
身体に電気が走りました。
まわりの人と比べてばかりで、
自分の足りない部分ばかり見ていた僕。
 
そんな「偏った」見方をしていた
自分に気づかされました。
人間は環境に「適応する」生きもの。
どんな状況でも「慣れる」生きもの。
  
だから、人は日常に「問題」を作り、
それを解決し、成長することに
「やりがい」を感じる。
  
確かに、より意識すればスピード感をもって
「成長」「進化」することができる
 
けれど、人はもともと
日々、「変化」し「成長」をしている。
  
だからもし、あなたが
「私は何も成長していない」と思って
焦ることがあれば
「この1年間で得たこと」を振り返ってみる。
 
以前はできなかったことが、自然にできている。
 
 
以前どうしても欲しかったものが、
当たり前のように手に入っている。
 
そんなことが数多くあると思います。
一度、振り返ってみて、また明日から
進んでいくのもいいかもしれません。
この1年間であなたが
行動、経験したことを振り返って
 
「あなたはこの1年で何を得ましたか?」
  
(写真はこの1年で僕が得た、自分の新しいスタイルと、信頼できる仲間達。1年は短いようで沢山の出来事があります♪)

-自分軸を磨くために

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

相手になかなか伝わらないときは

「理解できないと投げ出す前に、理解しようと相手と同じレベルに立って感じることを心がけましょう」(瀬戸内寂聴) 「何度も言っているのに」相手がピンときていない。どうすれば伝わるのだろう・・・ そんな時は …

もっと自分を好きになって、どんどん行動できるようになる方法

「マイナスの出来事に対して自分を許すことで、落ち込むことが少なくなり、気持ちをニュートラルに維持できるようになりました。 また、自分自身の深層にある願望に気づき、一歩を踏み出すことによって状況が動きだ …

主体的に生きる

10年近く前、僕はリーダーには なれないって思っていました。 その気持ちの奥には 「リーダーは周りの人よりも何でもできる、何でも知っているスーパーマンのような人がなるもの」 と思っていました。 でも、 …

人生を生きやすくするためのメソッド

「人は成功すると幸せになるのではなく、幸せな人が成功する。」(ショーン・エイカー:心理学者) 最近は、雨続きでせっかくの連休もがっかり。 そんか気持ちになる人も多いかもしれません。 「今日は天気が悪い …

スッキリした気持ちで過ごすために

「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」 (スティーブ・ジョブズ) 僕は以前、予定が空いていたら、とにかく埋める癖がありました。 行動力がなく、惰性で過ごしていた頃の僕に …